沢山の趣向を凝らした提灯が町中に灯る川越百万灯夏祭りの日程おすすめをご紹介

IMARIB20160807111116_TP_V

埼玉は川越市の中心街で、毎年7月下旬の土日に行われる「川越百万灯夏祭り」。
趣向を凝らした淡く灯る提灯が町中に沢山飾られ、夕方~夜にかけてブラブラと歩くだけでも、風情を感じられてとても楽しい気分になります。
今回はそんな「川越百万灯夏祭り」についての詳細や注意事項をご紹介します。

江戸時代末期から続く川越百万灯夏祭り

「川越百万灯夏祭り」の由来は、川越城主だった松平大和守斉典が病死したのを偲み、家臣であった三田村家の娘・魚子(ななこ)が翌年の新盆時に切子灯籠を作り表玄関に掲げたことから始まったものと言われています。

川越市は、秋に行われる「川越祭り」も大変有名ですが、夏祭り「川越百万灯夏祭り」も毎年16万人を超える方が訪れる一大イベントです。
「川越百万灯夏祭り」は、堤灯祭りですので、開催する土日の2日間ともスタートは午後からで、薄暗くなってくる夕方から夜につれて盛り上がりが高まるのも特徴です。

アクセスは、西武新宿線・本川越駅から徒歩2分、またはJR川越線および東武東上線川越駅から徒歩12分ほどの辺りが祭りの中心地。
川越は池袋や大宮などからも近くアクセス抜群の場所にあります。最近では副都心線の開業により横浜方面からもかなり向かいやすくなりました。
普段から週末になると観光客で賑わう蔵造りの町並みや一番街、若者が多いクレアモール周辺も大変混み合います。

夏の夜の賑わいを夏祭りを更に楽しむオリエンテーリングがおススメ

本川越駅前から一番街にかけて、趣向を凝らした淡く灯る色とりどりの提灯が沢山飾られた、夏の夜の雰囲気の中、パレードやファッションショーを楽しめます。もちろん祭りに欠かせない露天も大変多く出店されています。

「川越百万灯夏祭り」は、地元市民からは「提灯祭り」と呼ばれているように、お祭りで良く見る御輿や、川越祭りの目玉である山車といったものはありませんが、夏の夜に賑わいを見せる夏祭りの気分は存分に味わえるお祭りです。
また「川越百万灯夏祭り」へ訪れた際には、是非「オリエンテーリング」に参加されると、自ら祭りに参加している気分が高められより楽しむことが出来るのではないかと思います。

「川越百万灯夏祭りかわら版」に書かれているヒントを頼りに各チェックポイントを回りスタンプを押して回る所謂「スタンプラリー」的な企画なのですが、毎年液晶テレビやデジカメ、宿泊券などなかなかの豪華景品が用意されています。
お祭りを楽しみつつ、豪華景品をゲットするチャンスをも楽しめるので、大変おススメな楽しみ方です。
ちなみにこの「川越百万灯夏祭りかわら版」は、地元市民なら祭り初日の朝刊折り込みに入っているのですが、その他最寄り駅本川越駅前や埼玉りそな銀行川越支店などでも配布されています。

川越百万灯夏祭りに参加する際の注意点

「川越百万灯夏祭り」へ訪れるなら、やはりおススメはお車ではなく電車などの公共交通機関になります。

公共機関について

普段から観光客で賑わう川越は、元々道幅が狭い道路や一方通行が多く渋滞が多いエリアです。そこへお祭り開催期間中は交通規制が敷かれるため、更に混雑してしまいがち。
確かに川越市役所前にも、観光客の為に休日にも利用出来る駐車場がありますし、川越駅前・本川越駅前にも駐車場はありますが、どちらも普段から大変混雑していますので、お祭り当日にスムーズに駐車出来るとは考えにくいものです。

遠方より訪れて、不馴れな道を駐車場を探しながら走るくらいなら、電車などを利用された方が無難です。
ビール片手に夜祭りを食べ歩くといった楽しみ方も出来ますから。

東京側から向かうのであれば埼京線を使うよりも東武東上線もしくは西武新宿線を使用することをおすすめします。
川越線は大宮以降の本数が少ないため時間待ちをすることが多いです。大宮など埼玉県東側より来られる方以外は使用しない方が良いでしょう。

トイレの心配は意外と大丈夫です

お祭り会場周辺のトイレ事情らが心配という方もいらっしゃるかもしれませんが、そこは普段から観光客が多い川越。町のあちこちに公衆トイレが充実しています。「えっ、ここ公衆道路?」と思えるような立派な建物を見ることも出来ます。

当日の天候には注意しましょう

また注意したい点は、お祭り当日の天候です。雨天の場合には、パレードやショーなどが中止になるなど、お祭り全体が縮小されることもあらます。更に「提灯祭り」ならではとも言えますが、風雨などがあまりに酷い悪天候の場合には、安全性のためにもお祭りそのものが中止になるケースもありえます。

「川越百万灯夏祭り」自ら参加して楽しんで頂けたら

「川越百万灯夏祭り」は、市民参加型の夏祭りとして毎年様々なイベントが企画されています。お祭りに訪れた方々が、自ら参加し楽しむことが出来る「オリエンテーリング」なども大変おススメな楽しみ方です。
町中に沢山の淡い色合いの提灯が飾られた、夏祭り・夜祭りの雰囲気を味わうことが出来る「川越百万灯夏祭り」に是非参加してみて頂けたらと思います。

関連記事

夏といえば夏祭り!屋台で食べておきたい定番メニューは?

海外の旅行誌にも載った佐賀県西有田町の「十八夜」をご紹介します

大村の夏越まつりの日程は?参加するにあたっての注意点まとめ

夏といえば夏祭り!屋台で食べておきたい定番メニューは?

秩父夜祭の日程は?参加する際の注意事項まとめ

神戸みなとこうべ海上花火大会の日程は?参加するにあたっての注意事項まとめ