衣替えの時期はいつ?気になるスーツのお手入れ方法と収納方法をご紹介

季節の変わり目にある衣替え。
普段来ている洋服の衣替えの時期は何となく分かりますが、スーツの衣替えの時期って分かりにくいですよね。
ここではスーツの衣替えはいつなのか?、またそのお手入れ方法や収納方法をお教えしたいと思います。

最適なスーツの衣替えの時期はいつが最適なのか?

スーツの衣替えの時期は2つに分けることが出来ます。

  • 春から夏物スーツ:3月~5月
  • 秋から冬物スーツ:9月~11月

春から夏物のスーツは通気性もよく軽いと言う特徴があります。
秋から冬物のスーツは生地が厚めで保温性があります。
そして冬に入るとスーツだけでは寒いのでジャケットなどを羽織るなどして調節できます。

しかしこれはあくまでも目安として見てほしいと思います。
夏に近づいていても寒い時はありますし、逆に冬に近づいても暑い時もあります。風邪などひかないように気を付けて衣替えの時期を見てほしいと思います。

何年も綺麗に着れるお手入れ方法と収納方法とは?

スーツにも寿命と言うものがあります。
ここではスーツの寿命が少しでも延びるようなお手入れ方法と収納方法を教えたいと思います。

スーツの寿命は春・夏物スーツは三年、秋・冬物スーツは四年となります。これは目安になりますので傷みなく着ていれば寿命はもっと延ばせることができます。
逆に傷みが激しかったりすると寿命は短くなってしまいます。なるべくなら寿命は延ばしたいものですね。

まずはお手入れ方法から述べていきたいと思います。

簡単にできるスーツのお手入れ方法

クリーニングに出す頻度を少なくしましょう。

確かにクリーニングに出せばとても綺麗になります。
しかしその分生地は傷んでしまいます。そうなるとスーツの寿命が短くなる原因なってしまします。そうならないようにクリーニングに出すのはなるべく控えましょう。

 

ブラッシングをしましょう。

これは繊維に入った汚れ、ほこりなどを落とすことによっていつでも清潔に着ていられることができます。
そのままにしておくと虫食いで穴が開いてしまうことがあります。せっかくのスーツが台無しになってしまいます。なのでこまめなブラッシングを心掛けましょう。

 

定期的にアイロンをかけましょう。

スーツにしわがあり、そのまま放置しておくとなかなかしわがなかなか取れません。
しわが出来たときは早めにアイロンをかけるようにしましょう。
その際に直接スーツにアイロンをかけるのではなく、当て布をしてからアイロンをかけるようにしましょう。

 

臭いがついたら専用のスプレーで落としましょう。

スーツについた臭いはなかなか落ちません。
特に頑固な臭いは落ちにくいでしょう。なので臭いがついたら早めに専用のスプレーで臭いを消しましょう。最近では香りのついたものがあるのでおしゃれのアクセントにもなりそうですね。

 

スーツを痛ませない収納方法とは?

  • スーツ用のハンガーにかける。スラックスも専用のハンガーにかけましょう。ハンガーにかけることによってしわになることを防いでくれます。
  • 風通しがよくなるようにスーツの間を少し開けておきましょう。風通しが良いとカビや虫の繁殖を防ぐことが出来ます。
  • 長く着ないスーツは専用のカバーを掛けましょう。虫食いやほこりがつくことを防いでくれます。
  • 防虫剤を入れておく。これはダニやカビ対策になりますのでぜひ行ってほしいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?
衣替えの時期やお手入れ方法、収納方法の知識を正しく身に着け、快適にスーツが着られるようにしましょう。

スーツは決して安い買い物ではないと思います。
少しでも手入れをしてスーツの寿命を延ばしてほしいと思います。

関連記事

感謝を言葉で!父の日に父が喜ぶ言葉とは?おすすめの言葉をご紹介します

どこがおすすめ?銀行と提携するコンビニATMを比較!

お爺ちゃん、お婆ちゃんに感動を!敬老の日のメッセージ例文集

就活前線まっしぐら!面接で好印象な自己紹介とはどんな内容?

晩御飯くらい手を抜いてみては?おすすめの時短方法をご紹介します

洗っても取れない!洗濯物のにおいの正体とその対処法