これで解決!取れない洗濯物のにおいをきれいに落とす方法!

洗濯をしたのに逆に臭いがついてしまった。という経験をした人は多いでしょう。
わたしも経験したことがあります。ここでは臭いの正体と臭い対策方法などを教えたいと思います。

なぜ洗濯をしたのに臭いがついてしまうのか。この臭いの正体は何なのか。疑問に思った人は多いでしょう。対策をするにもまず臭いの正体が分からないと対策のしようがありません。

 

そもそも洗濯物の取れないにおいは一体なに?

まず、臭いがするのは大体部屋干しをしていて生乾きの状態の時が一番臭いがすると思います。それは洗濯物をかごの中に入れておいてため込んで一度に洗おうとしているとそのため込んでいるかごの洗濯物の中で雑菌が繁殖している可能性があります。

これが臭いの原因とされています。

また、洗濯槽の中雑菌やカビなどで汚くなっている場合もあります。お風呂の残り湯などを使うと洗濯槽が雑菌やカビに侵されてしまうことが多いです。

これはお風呂の残り湯は節約になっていいのですが、汗や皮脂が多く含まれているので洗濯槽が汚くだけでなく、洗濯物まで汚くなってしまうというデメリットがあります。

どうしてもお風呂の残り湯を使いたいというときには雨の日や乾きにくい日は避けましょう。長時間干していると雑菌やカビの繁殖をさらに促してしまいます。

このように臭いの原因は雑菌やカビのようですね。次では臭いの対策を教えたいと思います。

洗濯物の取れない臭いの対策は?

洗濯物の臭いは我慢するしかないのか。何か対策はないのか。洗濯物の臭いは周りの人にも影響を与えてしまうかもしれません。対策はありますので安心してください。ここではいくつかの対策方法を教えたいと思います。

熱湯で菌を除菌

50度以上の熱湯に洋服を入れ、30分ほど置いておきます。そしてその後に洗濯機に入れて洗濯をします。

菌は50度以上あるところでは生きていけないので死んでしまいます。そうすることで臭いが劇的に抑えることができます。

 

だいたい乾いて来たらアイロンをかける

これも熱湯に入れるのと同じ感じですね。アイロンも50度以上でますので菌を殺す働きがあります。アイロンをかけても乾かなかったらもう一度干しましょう。臭いを抑えることができます。

 

洗濯槽を掃除しよう

洗濯槽を掃除することによって臭いが取れることは多いです。月1のペースでいいので洗濯槽の掃除をしましょう。その際に酸素系漂白剤を使って掃除をしましょう。綺麗に菌やカビを取り除く事ができます。

 

乾燥機で乾かそう

乾燥機は高温で乾燥させますので雑菌やカビを殺してくれます。
しかし、しばらく干してあった洗濯物にはあまり効果がないので意味がないかもしれません。洗濯が終わったらすぐに乾燥機で乾燥させましょう。

 

間隔を開けて洗濯物を干しましょう

通気性を良くするとで早く乾かす事ができます。少しでも早く乾かせるためにも間を開けて干すように心がけましょう。

 

天気がいい日はなるべく天日干しを心がけましょう

 

お日様の光は何よりも雑菌やカビを殺してくれます。
なので天気のいい日は外で干しましょう。そうすることで部屋の中が臭くなることも防ぐことができます。

 

酢を入れて洗濯をしてみましょう

すすぎの段階で酢を入れると雑菌やカビを落としてくれます。酢は料理だけでなく日常的なことに使うことができます。ぜひ試してもらいたいですね。

 

まとめ

いかかでしたか?
これからの季節、部屋干しする機会は増えるでしょう。

そのたびにクサい臭いに悩まされていてはストレスにもなってしまうでしょう。少しでもここで教えたことを参考にして対策に役立てればなと思います。

関連記事

赤ちゃん連れの帰省!絶対必要な物&あったら便利な物持ち物リスト!

衣替えの時期はいつ?気になるスーツのお手入れ方法と収納方法をご紹介

夜の習慣が原因かも!小学生の子供が起きない本当の理由は?

放置すれば危険!?熱中症の頭痛や吐き気の症状やその対処法

共働き家庭では意外と貯金できない!?そんなあなたのための効果的に貯金できる方法

知らないと損をする!?JAF会員優待サービスはこんなにおすすめ