節約、貯金片方だけではダメ?節約生活と貯金の意外な関係とは?

節約しなきゃ、貯金しなきゃと思っていても、なかなか上手くいきませんよね。
しかも節約生活をしているのに、貯金が全然増えない!なんてこともあるはず。

実は、ただ節約生活をしているだけじゃあ、お金って貯まらないんです。

そこで今回は、お金を無理なく貯められる、節約生活のコツを紹介していきます!

お金は無理なく楽しく貯めていきましょう!

 

こんな節約生活だと、貯金は増えない!?

頑張って節約しているのに、なんでお金が貯まらないの?

と困っているそこのアナタ!

果たしてその節約生活は正しいのでしょうか?

それではどんな節約をしていると、貯金が増えないのか、見ていきましょう。

買い溜めし過ぎている

節約の方法として、買い物は週に一度、安いスーパーで買い溜めしておくというのがありますね。買いだめしたほうが単価が抑えられ、トータル的にはお得になるというやつです。

でもこの買い溜めをする時に、注意点があるのです。

確かに買い溜めそのものは悪いことではありませんが、やり過ぎは良くないということです。

例えば、食材を買い込み過ぎて、使いきれずに賞味期限が切れたり、傷んでしまって捨てたり…。
大家族でもないのに卵を20個まとめて買ったり、おやつをまとめて買ってしまったり。

他には日用品でも、ストックは十分あるのにまた新しいものを買ってしまうと、結局はお金ではなく日用品を溜めることになってしまい貯金にはならないんです。

安いからといって、物を次々と買ってしまうと使いきれなくて元が取れなくなる可能性もあるので買い過ぎは禁物です。

 

安すぎる商品にも注意!

マイナーなメーカーのラップや乾電池などの日用品は、確かに安いけれど、その分使い勝手が悪かったり、すぐ壊れるなどして、ダメになってしまいます。

食べ物も安いからといって、見知らぬメーカーのお菓子や調味料を買ってみたら、美味しくなかった、なんてこともありませんか?

「安物買いの銭失い」、「安かろう悪かろう」という言葉の通りになってしまうので、安いものをポンポン買うよりも、良質な商品を買ったほうがコスパ的品質的にも非常に良いんです。

 

我慢のし過ぎで体調を崩す

食費を抑えるために、もやしや豆腐などばかりを食べていませんか?

確かに食費はその分安くなりますが、栄養は摂れませんよね。栄養バランスが悪いと、集中力や免疫力が低下して、ケガや病気をしやすくなってしまいます。

すると今度は、医療費がかかってしまうので、結局は出費がかさんでしまうのです。

これでは本末転倒ですね。体に無理をさせているとその分のシワ寄せは、後になってから響いてきてお金も貯まらなくなるので、心身共に大変よろしくありません。

健康体でないと節約や貯金が出来ないので、まずは毎日の食事で栄養がしっかり摂れているかどうか、見直してみましょう。

もし食費を少しでも抑えたいのであれば1つの食品に集中させることなく、いろんな食品をバランスよく食べることをおすすめします。

それでは節約にならないって?
そこで先ほど話したまとめ買いです。保存のきく商品を少しまとめて買い、それをバランスよく少しずつ消化する。
これだけでも十分に節約になります。

 

目的を持った節約で、楽しく貯金を増やしましょう!

節約は、目的をもって、楽しくしていくこと。これがコツです。

目的は例えば、

  • 海外旅行に行きたい!
  • 結婚資金を貯めたい!
  • マイホームを購入したい  など

お金は何のために貯めるのかという目的を持ちましょう。ゴールが見えないより、ゴールが見えているほうが、何事も長続きします。

そのため、明確な目的を持って節約していった方が、根気よく貯金が出来るんです。

また、目的と同様に目標も大事。

一年でいくら貯めるなど具体的な目標があると、それに向けて節約していけますし達成できるとかなり気分が良いし自信もついてきます。

ただし目標があまりにも高すぎると、途中で挫折してしまうかも知れないので、必ず達成が難しくない目標を設定しておくと良いですよ!
例えば年収が300万以下なのに100万円貯めるなどの目標はあまりにもかけ離れすぎています。
頑張れば可能でしょうが、それをやるのであれば貯めたお金をもとに少しでも増やすことを考えたほうが良いかもしれません。

節約の方法も重要ですが、しっかりと目的と目標を決めることも大切です。

自分は何のために節約したり、貯金をしていくのか、具体的に分かるようにしておきましょう!

 

まとめ

節約しようと良かれと思ってやっていたことが、実は裏目に出てしまうことは少なくありません。

特に、安いからといって物を買い過ぎると、結局は無駄な出費になってしまうので、何事もやり過ぎない、ということを頭に入れておきましょう。

そうすれば、無理なく節約できるし、もちろんお金も貯まっていくはずです。

無駄と無理をなくして、代わりに目的と目標を持って節約していきましょう!

関連記事

野菜不足をこれで解決!簡単に補う方法をご紹介!

出前で届いた食器は洗って返すのは失礼?それとも無礼?

一度は経験する?飲み会の幹事の進行の仕方講座

とっても簡単!印鑑登録の方法のイロハを教えます!

ビール券がいっぱい!酒屋では使えるけどコンビニでは使える?

狭いキッチン、なるべく物は増やしたくない!フライパンの蓋代わりになるものは?