【徹底解説】日傘のUVカット効果は色や素材で変わる?持続期間は?

夏の強い紫外線からお肌を守るのに重要な日傘ですが、意外とカラーバリエーションが豊富ですよね。

でもやっぱりデザインも大切ですが、女性としては、UVカット効果の強い日傘を使いたいですよね。

そこで、一番UVカットをしてくれる日傘は何色か、また素材でも効果に変化があるのかなど紫外線対策に最適な日傘の選び方を紹介します。

日傘を新調する予定のある女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

日傘のUVカット率は色で変わってきます

一般的に、日傘の色は黒の方が、紫外線を通さないとされています。
その理由は、黒い日傘は日光を吸収するため、紫外線から肌を守ってくれるのです。

反対に白い日傘は、日光を反射してくれますが、紫外線を通してしまう、と言われています。
ただ、日傘が白いと熱を吸収しませんので、暑さ対策には問題ないでしょう。

また、外側が黒くて内側だけ白い日傘は、上からの紫外線からはガード出来ますが、地面からの照り返しを反射してしまいその紫外線を浴びてしまうことになります。

 

つまり、内側だけが白い日傘も紫外線対策にはあまりおすすめが出来ないんですね。

ということは、紫外線からお肌を守るには、やっぱり黒の日傘が一番優れている、ということなのでしょうか?

 

実はそうとは限らないんです!

 

確かに黒い日傘は熱を吸収してくれますが、重要なのは色よりも、『UVカット加工』がされているかどうかなんです。

普通の雨用の傘では、どんな色のものでも差していても紫外線対策にはなりませんよね。

つまり、何色であってもUVカット加工が施されていなければ、あまり効果は期待できないようです。

逆を言えば、UVカット加工されている日傘なら、どんな色でも紫外線対策には最適といえるでしょう。

これは結構意外ですね。

黒であれば紫外線はカット出来る、と思っていたけれど、重要なのは色ではなく素材に加工がされているかどうか。

紫外線からお肌を守るためには、UVカット率99%以上、と書いてあるものを選ぶと良いですよ!

ただし、日傘を紫外線対策ではなく、日よけとして使うのならば、UVカット率よりも、遮光率が高いものがおすすめ。

日傘を選ぶ時に、遮光率99%以上と表記されているものを選ぶと日よけとしても効果が高いです。

もちろんUVカット率も遮光率も両方高い日傘もありますので、紫外線対策だけじゃなく、日よけとしても十分に使えますよ。

 

新品の日傘のUV期間はどのくらい?

結構お値段が高かった日傘なら、なるべく長持ちしてほしいですよね。

でも、日傘のUV効果って、どのくらい持続するんでしょうか?

UVカット加工と表記がある日傘は、紫外線を吸収する薬剤を生地に吹きかけたり、なじませたりしているため時間が経ったり水に濡れると効果がなくなってきます。

目安として、UVカット加工された日傘は、23年ほどで紫外線対策の効果はなくなってしまうんです。

そのため、23年経ったら、生地を張り替えるか、衣類や布用のUVカットスプレーを吹きかけると、長持ちしてくれます。


もしくは『UVカット素材』、と表記のある日傘を購入しましょう。

UVカット素材は、カーボンやセラミックなど、無機物質を繊維に練り込むことで、UVカット効果の効果を高めた生地のことです。

つまり、日傘の生地そのものがUVカット効果を持っているので、水に濡れても時間が経っても、生地が破れない限り、半永久的に使えるでしょう。

ただしその分お値段も高くなります。

でもずっと使い続けられるなら、ちょっと高くても、紫外線対策にはおすすめです。

まとめ

生地としては、黒い日傘の方が紫外線を通しにくいですが、色よりも、UVカット加工がされているかどうかがポイントです。

最も効果的に紫外線対策をするには、UVカット加工か、UVカット素材の日傘を選ぶのがおすすめですよ!

でも、地面の照り返しなどもありますので、しっかりお肌をUVカットしたいのでしたら、日傘だけじゃなくて、日焼け止めや、サングラスなども併用して使っていくようにしましょう!

関連記事

夏祭りの屋台と言えばこれでしょ!皆が必ず行く定番屋台は何処?!

スーツをダメにしたくない!衣替えでのスーツのしまい方講座

目指せ100万円!ボーナスなしでも貯金ができる!おすすめの方法は?

買ってからではもう遅い!?マンションの騒音問題、隣の部屋は要注意!

手遅れになる前に!腹の脂肪、取れないなんて言わせない!

お野菜嫌い!わが子の野菜不足を補う方法とは!?