子供が朝なかなか起きない原因!もしかしたら○○障害かも?!

「こらー!早く起きないと遅刻するわよ!」

毎朝毎朝言っているお母様は多いかと思います。なかなか起き上がることが出来ずにダラダラ布団で過ごしたい気持ちもわかるんですけどね……(笑)

最近はインターネットやスマートフォンの普及で夜更かしをするお子様が多いことも事実です。

でも待ってください、お子様からこのような言葉を聞いていませんか?

「なんか起き上がるとクラクラする……。」

それも嘘を言っている感じでもなく真剣に。これはもしかしたら、病気にかかっているサインなのかもしれません。

このサイトではお母様が気付かないうちに病気にかかっているかもしれないお子様が少しでも減るために、その病気がどのような症状なのかをご説明させていただきます。

子どもがなかなか起きられないのは起立性調節障害だった!

みなさん、起立性調節障害という名前を聞いたことはありますか?

もしこの病気にかかっているのであれば、お子様はかなりつらい思いをしていると思います。
朝起きるときに眠たいだけではなく(しかし、その場合も不眠症の可能性があるのでもしお子様が毎日毎日眠いと言っているのであれば、夜ぐっすり寝られているのか、夜中に起きることはないのかをお聞きになってみてください。)クラクラして実際に起らきれる状況ではないからです。

貧血のつらさを理解できる方は多いかと思います。もしかしたらお子様は毎朝貧血のまま学校に行っているのかもしれません。

そうです、起立性調節障害とは立ち上がるときに貧血を起こしてしまうものなのです。次は起立性調節障害の詳しい症状とその原因についてご説明いたします。

起立性調節障害の症状と治療法

この起立性調節障害は、自律神経の乱れを引き起こします。なので、起き上がるときなどに下半身の血管がうまく収縮できずに貧血を起こしてしまうのです。

自律神経を乱す厄介な起立性調節障害、これはなぜ起きてしまうのでしょうか。

それは夜更かしなどによる生活リズムの乱れやストレスが原因だといわれます。
もし起立性調節障害になってしまった場合は、適度な運動や栄養の取れた食事、そして日光を浴びることによって「セロトニン」を増やすことが効果的です!

セロトニンとは三大神経伝達物質の一つでこれが増えることで精神が安定し、さらに自律神経も安定します。

光は朝窓を開けて浴びることができますが、なかなか朝起きることがつらい状況ではなかなか難しいものです。

 

そこでセロトニンが増やすことができる光を人工的に出し、毎日浴びることでセロトニンを増やす方法をご紹介します。

 

今回ご紹介するのは光で起きる目覚まし時計です。
この目覚まし時計は音ではなく、光で体内時計をリセットしすっきりとした朝を迎えることができる目覚ましです。

この目覚まし時計では朝日と同様の光を浴びることができ、セロトニンを増やす手助けができます。
朝日に長時間浴びると熱中症など色々と危険がありますが、この目覚ましでは人口の強い光を浴びるだけなので問題なく長時間浴びることができます。

この目覚ましを使用してセロトニンを増やす手助けになればと思います。

光目覚まし時計の公式サイトへ行く


まとめ

いかがだったでしょうか?
起立性調節障害の可能性もあるので、朝起きない原因はなまけているからと決めつけず、一度運動をさせ、食事を改善するなどの対処をしてみてください。

関連記事

一人暮らしで、お金がたまらない!そんな生活から脱出する方法とは!?

洗っても取れない!洗濯物のにおいの正体とその対処法

手軽に野菜補給!スムージーで簡単に野菜不足を解消しよう!

【悩み】新車で通勤!新入社員でも生意気と思われない?

定番から変わり種まで!お茶漬けの人気のレシピを一挙ご紹介!

3連休にするには、有休使わなくちゃ!上手な有給の取り方を教えます!