たったこれだけ!ガソリンスタンドのセルフの入れ方を丁寧に解説!

近年、セルフのガソリンスタンドが増えてきましたね。

初めてセルフを利用したという人は多いのではないでしょうか。

中では「自分でガソリンを入れるなんてできない!」とセルフではない違うガソリンスタンドを探していれる人もいるでしょう。

ここでガソリンスタンドのセルフの入れ方をご紹介したいと思います。

これでセルフではないガソリンスタンドをわざわざ探す手間が省けます。

ガソリンスタンドのセルフの入れ方は?

まず、ガソリンを入れるのにあたって確認事項がいくつかありますのでお伝えしたいと思います。

  • 自分の車のガソリンの種類
    大体の車はレギュラーだと思います。間違えても軽自動車に軽油は入れないでください!
  • 給油口の場所
    ガソリンスタンドに停車する際に事前に把握しておく必要があります。

確認事項は以上です。セルフに行く際には必ず確認しましょう。

 

 

いよいよ次は入れ方についてです。

~ガソリンの入れ方~

  1. ガソリンの種類を選ぶ
    事前に確認したガソリンの種類をパネルで選びます。
  2. 給油する量を選択する
    満タン以外に金額や量も自分で決めることができます。残量がどのくらいなのかを見て決めるようにしましょう。
  3. 静電気除去シートに触れましょう
    静電気はガソリンに引火して爆発の元になりますので必ず静電気は除去しましょう。
  4. 給油口を開きましょう
    大体運転席の下にレバーがついていて、それを引っ張ると開けることができますが車種によって違うことがありますので確認しておきましょう。
  5. 給油をしましょう
    給油ノズルを引っ張り給油口にさしましょう。途中で外れないように奥までしっかり入れるように注意しましょう。
  6. レバーを引く
    給油口に給油ノズルをさしたらレバーがありますので引きましょう。そうすることで給油が開始されます。
  7. 給油が停止したか確認しましょう
    選んだ量に達すると自動的に給油が停止します。完全に停止したのを確認してからノズルを給油口から出して戻しましょう。
  8. 給油口をしめましょう
  9. 給油口を閉める際にカッチカッチと言う音がします
    その音がしたらきっちと閉まってるという証拠なので、その音がなるまで閉めるようにしましょう。
  10. 精算をして終了
    きちんと清算をしましょう。清算は事前にお金やクレジットカードを入れるタイプと事後にレジにて清算するタイプの2つに分かれます。

以上がセルフサービスでのガソリンの入れ方になります。

 

 

ガソリンスタンドのセルフで入れる時の注意点は?

~ガソリンを入れる前の注意事項~

  • エンジンを必ずきる
    エンジンをきってから給油します。何故かと言うとエンジンをかけたままだとガソリンの蒸気により引火してしまい、爆発していしまうことがあります。
    給油するときは必ずエンジンをきりましょう。

 

  • 給油中にタバコはやめましょう
    これはタバコに火をつける時にライターを使うと思いますが、そのライターの火がガソリンに引火して爆発してしまう可能性が十分にありますので給油中にタバコはやめましょう。

 

  • 容器にガソリンを入れるのはやめましょう
    車以外の容器(ポリタンクなど)にガソリンを入れるのはやめましょう。
    ガソリンの蒸気が大量に発生してしまいます。とても危険ですのでやめましょう。これは法律でも禁止されていることです。

 

  • 静電気除去シートに必ず触りましょう
    セルフでの入れ方でも説明したとおり、静電気がガソリンに引火して爆発してしまう可能性がありますので静電気除去シートには必ず触るようにしましょう。何のために置いておるのかきちんと理解しましょう。

 

まとめ

セルフのガソリンスタンドはやり方がわからなくってなかなかいけないという方も多かったはずです。

最近はどんどんセルフスタンドが増えており、その分値段も安かったりするのでしっかりやり方を覚えて活用してくことをおすすめします。

セルフのガソリンスタンドにまだ挑戦したことが無い人はぜひ参考にしてもらえたらなと思います。

■節約おすすめ記事

関連記事

ディーラーにて新車の自動車を少しでも安く購入する方法をご紹介