就活前線まっしぐら!面接で好印象な自己紹介とはどんな内容?

就活生がまず面接で話すことといえば、自己紹介ですね。

面接官に採用したい、と思ってもらえるような、

良い印象を与えるために、自己紹介ってすごく重要なんです。

今回は、就活真っ盛りな学生のために、人事が思わず採用したくなる、好印象な自己紹介の仕方を紹介します。

しっかり頭に入れておいて、ぜひ面接に役立ててくださいね!

 

面接で好印象を与える自己紹介の仕方ベスト5

5位 謙虚さを忘れない

自己紹介をする時に、基本的にはまず、名前と学校名を言いますが、その後に、

「本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうございます」

とお礼の言葉を述べるようにしましょう。

そうすると、謙虚な姿勢も伝わるので、印象が良くなることがあります。

 

4位 表情は笑顔で、口調はゆっくりそしてハッキリと

自己紹介の内容も重要ですが、表情や話し方も大事。

いくら内容が素晴らしくても、顔が険しかったり、モゴモゴとした口調や、早口過ぎては、印象が悪くなります。

緊張して声が震えたって良いんです。

ハッキリと、ゆっくりとした口調を心掛けて、なるべく笑顔で、明るく大きめの声で話すようにしましょう。

出来れば、「えーと」や「あの」などは、極力使わないようにすると、更に印象が良くなりますよ。

 

3位 相手の目を見て話す

口調も聞き取りやすいのに、話している最中、面接官の目を見ていないというのは、マイナスポイントです。

なるべく視線はあちこちに動かさずに、

自己紹介の時は面接官の目を見て話すようにしましょう。

 

2位 自己紹介は長過ぎず短過ぎず

自己紹介があまりにもダラダラと長いと、聞いている面接官としては、何を伝えたいのか分からず、うんざりしてしまいます。

あまり短過ぎてもダメですが、あくまで簡潔に、そして伝えたいポイントを絞って、自己紹介をしましょう。

ちなみに、目安としては、30秒から1分くらいが、自己紹介には丁度いい長さです。

また、面接を受ける企業によっては、自己紹介の時間が指定される場合もあります。

その場合には、しっかりと時間内に自己紹介を収めるようにしましょう。

 

1位 アピールポイントを絞っておき、それを簡潔に話す

自分が持つ一番の強みを一つに絞っておきましょう。
事前に自己分析でしっかりと自分を振り返る必要があります。

そして、それを自己紹介の時に話すのですが、あくまでこの段階では簡潔でOKです。

なぜなら、その後に話すであろう自己PRの時に、もっと詳しく、掘り下げて伝えるので、あくまで自己紹介では、簡潔で大丈夫なんです。

しかも、アピールポイントを一つに絞っておくことで、面接官の印象にも残りやすくなりますよ。

ぜひ、あなただけの強みを紹介してくださいね!

 

 

こんな自己紹介はダメ!NGポイントをお教えします

良い自己紹介をするためには、NGとされるポイントも知っておきましょう。

 

長すぎる自己紹介

話す内容は多い方が良いと思って、長い自己紹介になってしまうのはNGです。

自分自身も話していて、一番アピールしたいポイントが一体何なのか、分からなくなってしまうし、面接官の印象にも残りにくいんです。

ダラダラと長いだけの自己紹介は、面接官を不快にさせるので、絶対にやめましょう。

 

語尾をハッキリと言わない

面接では、ハッキリと話して伝えるのが重要。

反対に、語尾がハッキリと聞こえなかったり、「私は○○だと思います」、のように、あいまいな表現の自己紹介は、面接官に採用したい、と思わせることが出来ないんです。

例え自信がなくてもハッキリと伝えるようにしましょう。

実際面接は一期一会です。
同じ相手でまた行われることはその会社に入社しない限りは会わないでしょう。

嘘を言うのはだめですが、ちょっと自信がない回答を言うよりははっきりと言い切ったほうが印象が良いでしょう。

 

まとめ

面接で自己紹介をする時は、まず謙虚な姿勢も忘れずに、そして笑顔でハッキリとした口調を心掛けましょう。

面接官の目をしっかり見ることもポイントです。

最も重要なのは、自己紹介の内容を簡潔にすることと、自分の強みとなるポイントを一つに絞っておくことです。

面接官の印象に残るには、他の人にはない、自分だけのアピールポイントを伝えること。

でも自己紹介の段階では、アピールポイントはあくまで簡潔に話すようにしましょう。

関連記事

お爺ちゃん、お婆ちゃんに感動を!敬老の日のメッセージ例文集

隣人部屋からたばこのクサーイにおいが!隣人とトラブルにならない解決方法は?

スーツをダメにしたくない!衣替えでのスーツのしまい方講座

意外と知らない!?アルバイトとパートの違いは何?

子供が朝なかなか起きない原因!もしかしたら○○障害かも?!

知らないと損をする!?JAF会員優待サービスはこんなにおすすめ