不況でボーナスなし!?それでも、少しでも貯金をする方法とは!?

不況で以前に比べてボーナスが無いという会社が増えてきました。

ボーナスが出ないと貯金が大変です。
そうなると、毎月のお給料から貯金をしていかなければいけません。

でもどうやったら毎月貯金が出来るのか?と疑問に思っている人、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

今回はボーナスが無い中の貯金の仕方についてご紹介したいと思います。

 

 

上手な貯金に必要なことをまとめてみました

貯金の仕方がイマイチ上手くいかない、どうしたら毎月きちんと貯金が出来るのか、
そんなことで悩んでいる人はいませんか?

ここでは上手な貯金の仕方についてまとめてみましたのでご紹介します。

 

身の回りの整理をしましょう

身の回りが整理されていると、どこに何があるのかどのくらいあるのか、本当にこれは必要なものなのかというのが分かります。
身の回りの整理は貯金に繋がる第一歩と言えるでしょう。

 

お金の流れを把握する

毎月どのくらい引かれるのか(保険や家賃などなど)を把握しておくことが大事です。

これによって貯金できるのかと言う自分の限界が見えてきます。

賛否両論ありますが、お金は命の次に大事なものです。
きちんと毎月引かれていく分を把握しておきましょう。

そのためにはこまめな記帳が大事です。ついつい記帳するのを忘れてしまう人は多いかともいますが記帳はするように心がけましょう。

 

レシートは必ず貰う

家計簿をつける上でレシートは大事。
曖昧な値段で家計簿に金額を書いていては正確な差額が出ません。

コンビニなどのちょっとした買い物ではついつい捨ててしまいがちですが、捨てないようにしましょう。

 

 

先を見越したお金の支出予定表を作る

一年後、二年後どんな支出が出てくるのか予想でいいので書いてみましょう。

例えば、子どもがいる家庭では小学生になったら○○でいくらかかる。

中学生になったらと塾に入り、部活で~と子どもの将来についてのお金の予定も調べて書いておくのもいいかもしれませんね。

先を見越しておくことでいくら貯金をすればいいのか明確になってきます。

 

将来の予定だけでなく1年の計画も大事です。~に旅行行きたいから~までに○万円貯金するなど近々の予定でもいいので考えるようにしておきましょう。

 

ボーナスないなら、月々の貯金で賄おう!

ボーナスが無い場合は毎月のお給料で貯金をしていくしかありません。

ここではどうやって毎月のお給料から貯金していけばいいのかご紹介したいと思います。

 

毎月いくら貯金するのかの金額を決める

毎月このくらいなら貯金が出来るという金額を決めて毎月固定します。
どうしても今月だけ少なめに貯金するしかない。と言う時にはメモするようにしましょう。

 

毎月支出されるお金を把握する

これは上記でもご紹介した通り、毎月いくら支出されるのかというお金について必ず把握しておきましょう。

そしてなるべくならメモを取っておくといいでしょう。

 

 

毎月変動するお金を把握しましょう

毎月変動するお金といったら、食費や雑費などです。

食費はいくらぐらいに抑える、雑費はこのぐらいに抑えると決めておき、それ以上は買わないようにしましょう。

そうすることで毎月貯金もできますし、お金の余裕も出てきます。

 

 

昼食をお弁当に

昼食を買っている人は多いかと思います。特に一人暮らしの方は。

しかし昼食をお弁当に変えることで毎月のお金が増える可能性があります。

お弁当を作る際には、前日の夕食の残り物を詰めるなどして工夫をすればお弁当を作ることはなんら苦ではありません。

お金の為にと思えば多少の努力は必要です。どうしても毎日お弁当を作るのが大変だという人はこの日、この曜日だけは昼食を買うなど決めておくといいでしょう。毎日買っているよりはぐんとお金が増えていきます。

 

まとめ

いかがでしたか?
ボーナスが無いと貯金はできないのではないか?

毎月貯金何て無理!

とあきらめている人はぜひここでご紹介したことを参考にぜひ毎月貯金をしていってほしいと思います。

今回ご紹介したことは意識を変えるだけで簡単にできるようなことばかりです。

まずは意識を持って始めてみることで日頃の意識を変えられるかもしれません。

少しでも貯金できるように皆さんも頑張ってみましょう!

関連記事

金券ショップより安い格安切符も!東北新幹線に格安で乗る方法をご紹介

小田急電鉄に格安で乗る方法をご紹介

週末パスを利用してお得に東北地方、信越地方に行く方法をご紹介

高速利用者必見!ETCマイレージ利用方法について

近畿日本鉄道(近鉄)に格安で乗る方法をご紹介します

ぷらっとこだまを利用して東海道新幹線を安く乗る方法