【豆知識】恵方巻きの方角って、誰が決めるのか知ってる!?

節分の時に食べるのが定番になってきた恵方巻ですが、

毎年どの方角を向いて食べるか、決められていますよね。

 

一体この方角は誰が決めているんでしょうか?

 

毎年、方角が変わっているので、何だか気になりますよね。

 

そこで今回は、節分の素朴な疑問の一つ、恵方巻を食べる時の方角について紹介します。

 

恵方巻の由来とは!?

恵方巻は、節分の時期になると、コンビニやスーパーなどでよく見かける、

太巻き寿司のことです。

 

その年に決められた方角を向いて、恵方巻を一本丸かじりして食べる、

というのが作法のようですが、その由来を知っていますか?

 

節分に恵方巻を食べるという風習は、元々、関西のみのものだったんです。

 

その昔、江戸から明治時代にかけて、大阪にある花街では節分になると、

商人や芸子たちが商売繁盛を祈って、
太巻き寿司を丸ごと一本食べるという風習がありました。

 

諸説ありますが、これが恵方巻の由来とされています。

 

 

当時はまだ、恵方巻という名前は付いておらず、太巻き寿司や丸かぶり寿司

という呼び名で、七福神にちなんで、七つの具材を巻いたものだったとか。

 

節分に太巻き寿司を食べる、

という関西の風習が広まったのは割と最近で、

1998年にセブンイレブンが太巻き寿司を全国販売したからなんです。

 

その時に、縁起の良い方角、つまり恵方を向いて食べる太巻き寿司、

ということにちなみ、恵方巻という商品名が付けられ、全国に知られるようになりました。

 

恵方巻を食べる時は、その年に最も縁起の良い方角を向いて、

一気に食べる、というルールがありますね。

 

これは、福や運気を逃さずに手に入れる、という意味があるんです。

 

そして、気になるのが、恵方巻を食べる時に向く方角。

これは一体、誰がどんな方法で決めているんでしょうか?

 

  

みんなが同じ方向を向いて食べる恵方巻。方角ってどうやって決めてるの?

 

恵方巻の恵方とは、その年の縁起が良い方角、ということなのですが、

なぜ縁起が良いかというと、歳徳神(としとくじん・さいとくしん)という神様がいるからなんです。

 

この歳徳神がいる方角を向いて恵方巻を食べると、
福がやってくる、とされているんですね。

 

恵方は毎年変わるので、食べる前に方位磁石などを使って、確認する必要があります。

 

毎年変わる、といっても、恵方となる方角は、『東北東微東』か『西南西微西』、

もしくは『南南東微南』、または『北北西微北』、この四つのうちどれかなんです。

 

どうやって決められるかというと、その年の干支によって決められます。

 

 

その年の恵方がどこなのか、節分の時期になると、コンビニで宣伝していたり、

販売されている恵方巻のパッケージに書かれている場合があります。

 

最近では、恵方を調べるアプリもあるので、使ってみるのも簡単でおすすめ。

 

恵方を調べるのに便利な、『恵方コンパス』というアプリがあるので
節分の時には使ってみてください。

 

 

でも縁起が良い方角を向いて恵方巻を食べるという文化は、割と最近できたものなので、

そこまで方角を気にしたり、苦しい思いまでして一気に恵方巻を食べる必要もないんです。

 

 

どちらかというと、恵方巻を食べる、というのは、

バレンタインやクリスマスのようなある種のイベント、と考えても良いかも知れません。

 

 

本来の節分の文化といえば、やっぱり豆まきなので、

縁起を担いだり、日本の風習を大事にしたい、というのであれば、

恵方巻よりも豆まきすることをおすすめします。

 

 

でも恵方巻は単純に巻き寿司として美味しいので、

普通に食べて楽しむのも良いかも知れませんね。

 

 

まとめ

 

恵方巻を食べる時に向く方角は、誰かが決めているのではなく、

その年の干支によって決められます。

 

ただし、恵方巻の文化は新しいものなので、一気に食べる、というルールを守らなくても、全然問題ないらしいです。

 

 

なので、節分に恵方巻を食べる、ということは、

クリスマスにケーキを食べる、ということと同じような、

イベント感覚で楽しんで良いと思います。

関連記事

赤ちゃん連れの帰省!絶対必要な物&あったら便利な物持ち物リスト!

ビール券がいっぱい!酒屋では使えるけどコンビニでは使える?