ハレの日の入学式!保護者の服装はどんな格好がよい?NGな服装は?

我が子の入学式に初めて出席する、となると、

どんな服装で行けばいいのか、悩みますよね。

 

せっかくの子供のハレの日なんで、保護者の服装にも気合が入ります。

 

でも、注意しなければいけないのが、入学式の場に相応しい格好をすること。

 

今回は、初めて子供の入学式や入園式に出席する保護者のために、

ベストな服装とNGな服装を解説します。

 

保護者が着て行く入学式に適した服装は・・・

母親の服装

 

入学式だと、女性の保護者は主に、

セレモニースーツやワンピースなどの服装が一般的。

 

もしくは訪問着(ほうもんぎ)という正装用の着物ですね。

 

お茶会やパーティー、結婚式のゲストに呼ばれた時にも、

着ることが可能な着物なんです。

 

スーツやワンピースでしたら、黒や紺でも構いませんが、

ピンクや水色などのパステルカラー、もしくはベージュなど、

上品な薄い色がおすすめ。

 

スカート丈は膝が隠れる程度のものを選びましょう。

 

 

ワンピースを着る時は、ジャケットを羽織ると良いですよ。

 

胸元に控えめなコサージュを付けると、品よく華やかさが増します。

 

靴はヒールの高すぎないパンプスなどで、バッグは靴と同系色の、

装飾のない落ち着いたハンドバッグを選びましょう。

 

ストッキングは黒だとハレの日に相応しくないので、

肌色のストッキングを着用してください。

 

伝線するかもしれないので、替えを持っておくと良いですよ。

 

そして、清潔感のある髪型にしましょう。

 

長い髪はまとめるか、ハーフアップにすると上品です。

 

アクセサリーはパールが一般的。

 

メイクは濃すぎずに、ナチュラルに留めておきましょう。

 

これで上品でステキなママさんの完成です!

 

父親の服装

 

男性はビジネススーツでも大丈夫です。

 

ただし気を付けないといけないのが、

使い古してヨレヨレになっていないかどうか。

 

せっかくのお子さんの入学式なんですから、

パリッとしたスーツ姿で行きましょう。

 

ヒゲもきちんと剃って、

髪型も清潔感のあるヘアスタイルにしてくださいね。

 

ネクタイは明るい色がおすすめ。

 

靴は黒いフォーマル用の革靴でOKですが、しっかり磨いておいてくださいね。

 

靴下も黒の無地がベスト。

 

ちなみに、おじいちゃんおばあちゃんも出席する場合も、

同様にハレの日に相応しい服装をすればOKです。

 

 

絶対着てはいけない入学式の服装は・・・

フォーマルな場なので、男性も女性もカジュアルな服装はNGとなります。

 

また、女性は派手な髪型やアクセサリー、短過ぎるスカート、

露出の激しい服もマナー違反となります。

そして、女性は靴下ではなく、

必ず肌色のストッキングを着用するようにしましょう。

 

黒や柄のあるストッキングもNGです。

 

濃いメイクも控えるようにしましょう。

 

女性は特に気合を入れたくなってしまいますが、

あくまで主役は子供たち。

 

お母さんは目立たないように、けれど品よく華やかにしましょう。

 

男性も派手な格好はダメです。

サングラスやいかついアクセサリーも付けないようにしましょう。

 

ネクタイは真っ白か真っ黒だと、

結婚式やお葬式みたいになってしまうので、

明るい色合いの柄も派手過ぎないデザインにしましょう。

 

 

スーツも虫食いやヨレがないものを着てくださいね。

 

男性も品よく、落ち着いた感じの服装を心掛けましょう。

 

あとは常識的で、マナーを守った行動を心掛けること。

 

保護者は式の最中は子供を遠くから見守る、という気持ちで、

入学式や入園式に出席しましょう。

 

 

まとめ

入学式に出席する時は、女性はセレモニースーツや、

ワンピースとジャケット、着物なら訪問着がベスト。

 

男性はヨレていないビジネススーツで行けば、問題ありません。

 

男性も女性も、品よく派手過ぎず、

でも少し華やかになるような服装で出席するようにしましょう。

■節約おすすめ記事

関連記事

感謝を言葉で!父の日に父が喜ぶ言葉とは?おすすめの言葉をご紹介します

都会と田舎の生活費調査!生活費がかかるのはどっちなの?!

手遅れになる前に!腹の脂肪、取れないなんて言わせない!

黙って入るのはマナー違反?コンビニでトイレを借りる際に注意すべきこととは?

あまり使うことのないキッチン消耗品について―ストローの使い回しはダメなのか?

俺はタクシーじゃない!無神経な友人を車に乗せたくない時のこんな言い訳こんな対策