脱水症対策に身体にもいい麦茶…ペットボトルより自分で沸かす方が節約になるのか?

水分補給に最適なお茶といえば、麦茶ですね。

ミネラルもたっぷりだけれどカフェインが少ないから、脱水症状対策に最適。

でも、もし麦茶を持ち歩くなら、出先でペットボトルを買うよりも、自分で沸かしてマイボトルで持ち歩く方が節約になりますよ。

ところで、麦茶以外の飲み物も、やっぱり自分で沸かした方が節約になるんでしょうか?

今回は、色んな飲み物は買うより、自分で沸かした方がお得なのは本当なのか、解説していきます。

麦茶だけじゃない、緑茶、コーヒー、紅茶…自分で沸かした方が果たして得なのか?

夏場でなくても、定期的な水分補給は大事ですね。でも毎日、外出先で飲み物を買っていると、出費が馬鹿になりません。

特にコンビニや自販機で飲み物を買うと、何気に高くついてしまうんですよね。

不景気なこのご時世、やっぱり飲み物はよほどのことがない限り、外出先で買わないのが賢明。

それでも、飲み物はあると良いので、自分で沸かしたお茶を持ち歩くようにしましょう。

沸かせるのは夏に定番の麦茶だけではありませんよ。

緑茶やほうじ茶、紅茶、そしてコーヒーも、自分で淹れて水筒やマグボトルに入れておけば、いつでも飲めるんです。

茶葉やコーヒー粉を家に常備しておいて、沸かしたり淹れたりすることで、ペットボトルや缶を買わずにその分のお金が節約できます。

例えば、麦茶のペットボトルをコンビニで買うとなると、だいたい600mlで130円ほど。

これを平日は毎日買っていると、20日×130円=2600円ですね。

ペットボトルの単価で見ると、130円って決して高い金額ではありませんが、一カ月単位だと、飲み物だけなのになかなかの痛い出費になります。

もちろん麦茶だけでなく、紅茶や緑茶、ウーロン茶、コーヒーなども、コンビニや自販機で平日は毎日買っていると、だいたい同じくらいの出費です。

ということは、麦茶に限らず、お茶やコーヒーはなるべく、自分で沸かした方がお得ということですね!

洗いやすくて使い勝手の良いマイボトルを見つけて、早速飲み物は家で沸かすようにしましょう。

自分で沸かした方が節約になる方法あれこれ…飲物の種類でここまで違う!

スーパーで売っているティーバッグなら、安いもので200円前後のお徳用パックがあります。

ティーバッグ一袋でお茶が沸かせるので1日分はだいたい10円ほど。

1カ月毎日お茶を飲んだとしても、30日×10円で飲み物代はたったの300円。

かなりお得ですよね!

コーヒーもドリップパックなら、一杯分は約20円前後なんですよ!

しかも実は、スポーツをする人や真夏の水分補給に欠かせない、ポカリスウェットなどのスポーツドリンクも、ペットボトルを買わずに家で作ることが出来ます。

スーパーやドラッグストアなどでスポーツドリンクを粉末状にものが売られているので、それを水に溶かして水筒に入れておけば、水分補給はバッチリですね!

スポーツドリンクの粉末は、300円台で買える物も多いので、節約には申し分ありません。

わざわざコンビニや自販機でスポーツドリンクを買う必要もなくなりますよ。

ちなみにジュースを濃縮して粉末にしたものや、炭酸の粉末もあるので、それらを使えば、もう外で飲み物を買う必要はほとんどなくなります。

ただ、持ち歩いていた飲み物がなくなってしまい、どうしても水分補給したい場合は、コンビニや自販機ではなく、スーパーかドラッグストアで飲み物を買うようにしましょう。

そうすれば、コンビニよりも比較的安く飲み物が買えます。

お茶類なども、安いとペットボトル1本90円で買えたりしますよ!

基本的にはマイボトルで持ち歩くようにして、どうしても飲み物を買わなければいけなくなったら、安い店で買うようにすれば、難なく節約できるでしょう。

まとめ

飲み物代を節約するには、お茶やコーヒー、清涼飲料なども、家で作ってマイボトルに入れて持ち歩きましょう。

お茶なら1カ月分は約300円で済むので、自販機やコンビニを利用せずに、

賢く節約できますよ!

これを機に、あなたも飲み物は家庭で淹れて持ち歩いてみませんか?

■節約おすすめ記事

関連記事

ネットバンク初心者は金利を気にせずATM手数料を見るべし!その理由とは?

共働き家庭では意外と貯金できない!?そんなあなたのための効果的に貯金できる方法

近畿日本鉄道(近鉄)に格安で乗る方法をご紹介します

ぷらっとこだまを利用して東海道新幹線を安く乗る方法

レジ袋をもらわない節約術!トートバッグを持ち歩こう!

高速利用者必見!利用するだけでポイントが貯まるETCマイレージをご紹介!