家族構成に合わせたゴミ袋の大きさをチョイス!一人暮らしに必要な大きさとは?

ゴミ袋って、一人暮らしをしていると、どのくらいの大きさを買えば良いのか、イマイチよく分かりませんよね。

たくさん入る大きさサイズにするべきか、それとも小さめにするべきか…。

今回は、ライフスタイルや家族構成に合わせた、ゴミ袋の選び方を解説します。

30リットル、45リットル、70リットル…ゴミ袋の容量の大きさの基準って?

ゴミ袋の大きさってよく基準が分かりにくいですよね。

30リットルや45リットルだったり、特大、大、中、小、とサイズ表記があったりして、

どれを買えば良いか、迷ってしまったことはありませんか?

可燃ゴミの袋の大きさは、市区町村によって多少異なるのですが、一般的な基準としては、

  • 10リットル前後が小
  • 20リットル前後が中
  • 30リットル前後が大
  • 45リットル以上が特大

の大きさとして扱われます。

70リットルや90リットルまでいくと、かなり大きい業務用のゴミ袋になります。

もし、どのサイズにするか迷ったらゴミ箱の大きさに合わせて、ゴミ袋を買うという方法もありますよ。

ゴミ箱にも30リットルや70リットルなど、大きさの表記がされているものが多いんです。

特に、ホームセンターなどで売られている大きめのゴミ箱は、45リットルなど、サイズが書かれていますよ。

そのため、使っているゴミ箱の大きさと同じゴミ袋を買えば、基本的には問題なくそのゴミ箱に入る分だけのゴミの量が捨てられます。

例えば、ゴミ箱が45リットルだとすると、ゴミ袋も同じ45リットルを買えば、

丁度いい大きさになるんですね。

反対に、45リットル分のゴミを、30リットルのゴミ袋に入れようとすると、

当然溢れかえってしまうし、ギュウギュウにゴミを押し込んだとしても、

口が閉まらないかも知れません。

ゴミ箱がいっぱいになるまでゴミを溜めておくのなら、ゴミ箱と同じリットルが表記されている袋を選ぶようにしましょう。

1人暮らし、大家族…家族構成で選ぶ、効率的なゴミ袋の選び方

一人暮らしなら、ゴミ袋は大きめと小さめ、どちらを買うと良いのでしょうか?

おすすめとしては、一人暮らしの場合は小さめのゴミ袋がおすすめ。

個人差はあれど、一人暮らしって、そこまでたくさんゴミは出ませんよね。

可燃ゴミは毎週それなりの量になりますが、不燃やビン、缶、ペットボトルなどもそこまで量が多くないはず。

だからこそ、小さいサイズの袋で十分です。

大きめのゴミ袋を買って袋いっぱいになるまでゴミを溜めておく、という方法もありますが、一人暮らしでそれをするとかなり不衛生です。

例えば、大きなゴミ袋を使って可燃ゴミ2週間分をまとめて捨てようとすると、その間に生ごみは腐敗してしまい、暖かい時期ならコバエやゴキブリが湧くこともあるんですよ。

そのために、ゴミ袋は小さいサイズにして、ちゃんと分別もして、指定のゴミ出し日には毎回必ず捨てるようにしましょう。

一人暮らしなら、10リットルくらいの袋で十分ですよ。

ただし、大掃除などをして、ゴミがたくさん出るという時だけ、30リットルなど、大きめサイズのゴミ袋があった方が良いかも知れません。

反対に、家族が多い家庭は、特大サイズの45リットルを家にストックしておきましょう。

人数が多いと、その分どうしてもゴミも増えます。

小さいサイズのゴミ袋だと間に合わないので、可燃ゴミは特に大きいサイズを選びましょう。

ちなみに、2人暮らしをしているのなら、ゴミ袋は30リットルくらいの大きさがおすすめ。

まとめ

ゴミ袋は、地域によって大きさが多少は違いがありますが、一般的には10リットルが小、20リットルが中、30リットルが大、45リットル以上が特大の場合が多いです。

一人暮らしなら、10リットルくらいのゴミ袋で十分ですよ。

衛生面を考えて、可燃ごみは必ず指定日には捨てるようにして、数週間分をまとめて捨てることがないようにしましょう。

家族の人数が多いなら、特大サイズの45リットルがおすすめです。

■節約おすすめ記事

関連記事

通販利用者必見?!郵便局の局止めの仕組みを利用することで見えるこんなメリット

郵便局留めの受け取りの際に身分証の提示は必要?その理由とは?

ちょっとした通販は宅配ではなくメール便配送がおすすめ!その理由とは?

田舎でのんびりと!今人気の田舎暮らしのメリットを一挙ご紹介!

人間心理学から考える、コインランドリーが空いている時間にスムーズに利用する方法