週末パスを利用してお得に東北地方、信越地方に行く方法をご紹介

 

今回ご紹介する切符はJR東日本から発行している土日限定のきっぷ「週末パス」をご紹介します。

この切符を使用すれば関東地方より東北地方への旅行が通常の切符よりもお安くご理由することができます。

例えば東北新幹線の東京~仙台間が通常料金で21500円かかるところを約19000円にまで抑えることができます。

今回はこの切符の使用方法とお得な使い方例をご紹介していきます。

週末パスについて

今回紹介する「週末パス」はJR東日本が発行しているお得な切符です。

JR東日本区域の仙台より北区域を除く全区間の普通列車、快速列車が2日間乗り放題になる切符です。

特急料金を支払えば特急や新幹線にも乗ることができます。

また関東地方を除く一部私鉄も同時に利用することが可能です。特急券を同時に購入することで特急にも乗車することが可能です。

利用できる主な路線

簡単に主な路線と乗車できる特急を下記に載せています。微妙にわかりにくいところがありますので詳細は路線図を参照ください。

使用できる路線、特急

  1. 東北新幹線、山形新幹線(東京~くりこま高原間、福島~新庄間)
  2. 上越新幹線(全線)
  3. 北陸長野新幹線(東京~上越妙高間)
  4. 特急あずさ(全線)
  5. 特急わかしお、その他房総、総武特急(千葉県路線全線)
  6. 特急ひたち、ときわ(常磐線全線)
  7. 特急踊り子(東京~伊東間)
  8. 信越本線、羽越本線(直江津~酒田間)
  9. 磐越東線、磐越西線 その他宮城県、山形県内のJR路線

 

っくりとこんな感じです。かなりいろんな所を使用することができます。

仙台や山形、新潟県への旅行としてはこの切符は大活躍することができるでしょう。

この切符は8730円で購入することができます。

しかも子供料金は半額以下の2560円です。家族旅行にこの切符を使用すればお得になるでしょう。
2日間乗り放題のため1日あたり乗車券で4500円程度乗ることができれば元がとれます。

「じゃあ4500円というとどの程度乗ればいいの?」

と思うでしょう。この辺りは次の項目で紹介していきます。

週末パスの特徴は?

この切符の良いところは普通のフリー切符とは異なり有料の特急列車に乗れるところ。

青春18きっぷのように普通列車、快速列車であれば1日あたり2500円くらいで乗れるためこの切符ではお得感がありません。

そのためこの切符ではどのどん特急列車、新幹線に乗っていくことをお勧めします。

乗れば乗るほどお得になります。お得にはなりますが、その分特急料金がかかってしまうのでそこらへんは自分のお財布と相談といったところです。

%e9%80%b1%e6%9c%ab%e3%83%91%e3%82%b9

切符の使い方

この切符は使用する当日に購入することはできません。

対象区間のJR窓口で前日までに購入することが可能です。切符を使用する際には1人1枚ことに切符が必要になります。

また切符は自動改札に通して使用することができます。自動改札がない駅であれば青春18きっぷのように駅員に見せれば改札を通ることができます。

どのくらいの距離を進めば元が取ることができるのか?

先ほどの項目でも紹介致しましたが、2日間乗り放題の切符です。

ある程度の距離を超えれば切符代金以上にお得になります。

例えば東京~福島間を電車もしくは新幹線で移動すると片道4500円乗車賃がかかります。ということは東京~福島間を2日間で往復するだけで元が取れます。

これ結構お得だと思いませんか?

もっと遠い東京~仙台間を往復するとなれば乗車券で11880円となります。
(特急料金は別)約3000円のお得ですね。

これに加え大体の方は東京駅から自分の家まで別の電車に乗って移動します。

また仙台観光に電車を使い周辺をぶらりとするとしましょう。その場合の周辺料金もすべてフリー切符で移動することができます(関東近郊はJRのみ有効です)。

これだけで軽く5000円ほどお得になる可能性もあります。
また東京~仙台間だけでなく、東京~山形間や東京~新潟、酒田間でも同じように往復するだけで元が取れます。

残念ながら東京~長野間や東京~松本間では往復するだけでは元が取れません。しかしその周辺を何回も電車で移動するのであれば話は別です。この辺がフリー切符の良いところです。

金券ショップと比較したらどうなるのか?

安く新幹線や特急に乗る方法として金券ショップがありますが、金券ショップでは回数券のばら売りを購入することができます。

東京ー仙台間通常の新幹線切符が11200円になります。
金券ショップで購入すると大体片道10600円~11000円程度です。

片道の指定席券が5260円のため指定席券往復分と週末パスを合わせ19250円です。

金券ショップで往復21000円として2000円近くお得になります。

これは1人あたりになりますので家族そろってだとするともっと安くなるでしょう。しかも子供料金は週末パスの値段が2560円となるためもっと安く乗車できます。

ただし短距離になればなるほど回数券と通常料金の差分が少なくなってくるため、あまり効果がなくなってきます。回数券と比較しても週末パスとして使用できるのは仙台や山形、新潟あたりが一番良いでしょう。

おすすめの旅行ルートをご紹介!

今回紹介するルートは東京駅付近からの旅行ルートです。鉄道好きの方向けではなく、乗車メインの形ではなく観光も適時行えるルートで提案しています。

提案1.仙台、山形ルート

仙台、山形をめぐるプランです。順番はどちらでもいいですが、東北新幹線で仙台へ仙山線を利用し山形へ山形から山形新幹線で東京に戻るプランです。

土日を十分に利用し仙台、山形で1日ずつ回る形でよいかと思います。宿泊は仙台、山形、上山温泉あたりが良いでしょう。場合によっては石巻や気仙沼まで足を延ばしてみるのもよいでしょう。

提案2.会津周辺ルート

会津地方を2日で回るプランです。郡山まで東北新幹線で向かい、磐越西線を利用して会津地方を回るルートです。

喜多方や猪苗代湖や会津若松など観光地が多数あります。フリーパスならでは目的をあまり決めずに回ることも可能です。また本フリーパスを利用して私鉄区間の奥会津(会津田島、会津高原)などにも向かうことができます。

提案3.信州地方ルート

長野市や松本市を観光するルートです。

長野市へは長野新幹線、松本市へは特急あずさを利用して行くことができます。

この都市へは回数券を利用したほうが安く、週末きっぷを利用すると逆にお得ではなくなります。

両方の都市を回ることで初めてお得になります。フリーパスの特性を利用し途中下車しながら周回することでよりお得に回ることが可能です。

仙台、新潟、長野から関東地方への観光にも適しています

今までに案内した逆の方法である地方から関東地方へ旅行するためにも利用することができます。関東地方への観光でいろいろな場所を回る際にこのフリーパスを利用すればよりお得に回ることができます。

まとめ

今回はJR東日本の「週末パス」の紹介を致しました。

実際JR東日本でもこの切符はあまり広まっていないマイナーなお得な切符です。

同じように3連休用にJR東日本全域で使用できる3連休パスなどJR東日本にはお得なフリー切符が多数あり、目的に合わせ切符を選択することができます。

甲信越、東北地方に旅行する際にはこのお得な切符をご利用してみてはどうでしょうか?

■節約おすすめ記事

関連記事

ラップを紙皿代わりにするのはアリ?食器を洗わず節約できる方法とは?

冬には最適!職場にインスタントコーヒーをもって節約しよう!

共働き家庭では意外と貯金できない!?そんなあなたのための効果的に貯金できる方法

【節約】パチンコユーザー必見!少しでもパチンコをやりながら節約する方法とは?

【節約】少しでも子供のスマホ料金を節約したい!そんな方には格安SIMがオススメ!

西武鉄道に格安で乗る方法をご紹介