バナナの冷凍での保存期間について…そのまま食べる場合は?加工する場合は?

バナナはいつの間にか真っ黒になっていて、あまり長持ちしませんよね。

そんな日持ちしないバナナでも、冷凍することによって、長く保存できるんですよ。

 

でもバナナを凍らせるってあまりイメージ出来ないですよね。

凍らせたバナナはどう解凍すれば良いのかもよく分かりません。

 

そこで今回は、バナナを冷凍するとどれくらい長持ちするのか、

また、冷凍したバナナの解凍の仕方を紹介します。

 

 

バナナを冷凍保存する方法についてー長持ちさせるには?その賞味期限の基準って?

傷みやすいバナナを長持ちさせるためには、冷凍庫で凍らせて保存すると良いですよ。

そのままだと、だいたい早ければ23日で黒くなってしまいますが、

冷凍しておけば、なんと1か月も保存できるんです。

 

これならバナナが余ってしまっても安心ですね。

では、ただしいバナナの冷凍保存の仕方を解説します。

 

皮を剥いてラップで巻く

バナナを丸ごと冷凍保存する場合は、まずバナナの皮を剥きます。

そして、皮を剥いたバナナの両端を少しカットしておきましょう。

あとはこれをラップでピッタリと包み、冷凍すればOKですよ。

 

ちなみに、皮を剥いたバナナにレモン汁を少しかけておくと、

茶色く変色してしまうのを抑えられます。

 

輪切りにしてフリーザーバッグに入れる

カットしてから冷凍保存したい場合は、

皮を剥いたバナナをお好みの厚さに輪切りにしてください。

あとは、カットしたバナナをフリーザーバッグに入れていきましょう。

なるべく平らにして、カットしたバナナが重ならないように並べて入れると良いですよ。

 

これで空気を抜いてフリーザーバッグの口をしっかり閉じれば、冷凍保存できます。

ちなみに、カットした場合も変色を防ぐのでしたら、

レモン汁をかけておきましょう。

 

冷凍したバナナは約1か月保存できますが、それでも鮮度が落ちてきてしまいますので、

出来るだけ早めに食べると良いですよ。

 

ちなみに、バナナから変なにおいがしたり、実がドロドロになっていると、

もう腐っていて食べられないので十分に気を付けましょう。

 

熟れ過ぎて腐ってしまったバナナは、冷凍しても食べられないので、処分してくださいね。

夏場だと特に傷むのが早いので、バナナが余ったらすぐに冷凍してしまうのがベストです。

 

 

冷凍保存後のバナナを使用する場合についてーそのまま食べる場合、加工する場合

冷凍保存した後のバナナは、もちろんそのまま食べることが出来ます。

ただ、全解凍してしまうと、水分が出てべちょべちょになるので、

半解凍の状態か、凍ったままで食べると良いでしょう。

 

凍ったままのバナナはシャリシャリしていて、アイス感覚で食べられますよ!

もしくは、お菓子などの材料にして食べるのがおすすめ。

 

手軽なものだと、凍ったバナナを牛乳や豆乳と一緒にミキサーにかけると、

バナナスムージーになります。

他にも、カットして冷凍保存したバナナは、

凍らせたままヨーグルトに入れたりしても良いですね。

 

あとは、クッキーやマフィン、

パウンドケーキ、パンケーキの生地に混ぜて焼くと良いですよ。

 

お菓子作りに使いたいのなら、バナナは丸ごとではなく、

輪切りにカットしてから冷凍しておくと良いでしょう。

 

そのままでも、加工しても美味しく食べられるので、

ぜひバナナは冷凍保存することをおすすめしますよ。

 

 

まとめ

バナナは皮を剥いて両端を少しカットしたら、ラップで巻いて冷凍保存しましょう。

お菓子作りやスムージーに使うなら、

輪切りにしたバナナをフリーザーバッグに並べて入れてから凍らせます。

冷凍すれば、バナナはなんと1か月も保存できるんですよ!

冷凍したバナナを食べる時は、

半解凍するか、凍ったままアイス感覚で食べるのが良いでしょう。

もしくは、ヨーグルトに混ぜたり、焼き菓子の材料として使うのもおすすめ。

傷みやすいバナナも冷凍すれば、長期保存できるので、とても便利ですよ!

■節約おすすめ記事

関連記事

映画館の疑問!ドリンクホルダーを使う場合、正しい位置は右・左のどっち?

運動会のお弁当!見た目が綺麗でおしゃれに作る方法と盛り付けのコツ

宅配会社がコンビニに集荷する時間の目安は?何時までに受付させれば良い?

【マナーを守ろう!】ゴミを分別しないとどうなる?違反になるの?

ハピタスを利用してお得に簡単にポイントやマイルを貯める方法をご紹介します

本当に大丈夫?!厳島神社の不思議…鳥居の根元があんなに腐食していて大丈夫?!