このまま進むか悩んでいる人必見!選考辞退をする主な理由とは!?

企業から内定をもらったけれど、色んな事情から辞退したいということもありますね。

せっかく内定をもらったけれど、このまま就職を決めるべきか、それとも他の会社にするべきか悩みどころです。

就活中の人は、一体どんな理由で選考を辞退しているのでしょうか?

今回は、就活生が選考を辞退する理由と、辞退する場合の正しい断り方を紹介します。

あなたの判断誤ってない!?選考辞退をする前に知っておくべき3つの理由

選考を辞退するには、一体どんな理由があるのでしょうか?

就活生のリアルな選考辞退の理由を3つ紹介します。

勤務地や給料、業務内容などが思っていたのと違った

求人票に載っていた内容と、面接時に説明された内容に食い違いがあるなどで、自分が思っていたものとかなりかけ離れていたパターンです。

確かに求人の情報を見て、勤務地や給与などもこの企業を受けたいと思っていたのに、実際は違っていたら辞退したくなるものですね。

特に勤務地などはその典型的な理由の1つです。

例えば本社が東京都内にあるけれど自分自身が希望する職種は都内に職場がなく、地方の工場だったりもしかしたら関東じゃないかもしれません。

自分自身の下調べ不足と言ってしまえばそれまでですが、細かい勤務地などは結構わからないものです。

他社の内定が決まった

先に内定をもらった会社よりも、後から内定をもらった会社の方が待遇も良く、希望の職種にぴったり合っていたという理由から辞退をすることがあります。

本当に自分のやりたい仕事というのをしっかり見極めた上で、内定を辞退するのが大切ですね。

仕事の内容もそうですが環境も大事です。仕事内容だけで会社を決定してしまうと仕事環境や労働条件など想定していないところでストレスが溜まってしまい仕事が続かなくなるかもしれません。

面接官の態度が悪かった

面接を受けた時に威圧的な態度を取られたり、暴言を吐かれたまた女性の就活生だと、セクハラ発言をされた、ということも実際にあります。

そのためこの会社に入ったら、絶対にパワハラやセクハラを受けるんじゃないかと心配になって内定を辞退するということもしばしば。

面接官はある意味就活生にとってはその会社の顔ともいうべき存在なので、態度が悪いとブラック企業を疑われ内定を断る人も多いんです。

実際その態度が悪かった面接官のみ威圧的な態度をとってるかもしれないですし、会社全体がそんな雰囲気だったりする可能性もあります。

少しでも心配事項があるのであれば、それを回避したほうが自分自身の今後のためになるはずです。

 

以上の3つが内定を辞退する主な理由です。

でも、辞退してから後悔しないように、面接を受ける前には予め応募企業のことをよく調べておくと良いですね。

辞退をする理由は、どこまで正直に伝えればいいの?無難な断り方とは!?

実際に、内定を辞退する時は、正直に理由を伝えてしまった方がいいのでしょうか?

まず辞退する時のマナーとして、必ず辞退します、という連絡を入れること。

絶対に連絡をしないままだったり、説明会に無断欠席、ドタキャンなどは一切しないようにしましょう。

また、選考辞退の連絡を入れるのであれば、なるべく早めに。

そうすれば、企業に迷惑をかけることもありません。

辞退する理由を訊かれた場合は、正直に伝えるよりも、『他社から内定が出た』と答えると無難です。

辞退する意思は、ハッキリと相手に伝えるようにしましょう。

曖昧に答えると、説得されることもあります。

  • 『他社に内定が決まった』
  • 『自分の本当にやりたい仕事内容とは違っていたため』

などの理由で、ハッキリと、選考を辞退します、というようにお断りしましょう。

ちなみに、選考の辞退を伝える連絡手段は、メールでも電話でもどちらでも構いません。

メールで送る場合は、宛先をしっかり確認して、

件名にも『選考辞退』という言葉を入れておきましょう。

電話連絡の場合は、採用担当者まで繋いでもらい、理由を明確に伝えることがマナーです。

また、確実に採用担当者まで繋いでもらうためにも、昼休みや終業間際の時間帯の連絡は避けましょう。

内定辞退の場合には書類を記入する必要がある可能性があり、会社に一度行かなくてはならない可能性もあります。

気が乗らないと思いますが、ちゃんと説明するためにも採用担当者の言うことをちゃんと聞くようにしましょう。

まとめ

内定が出たにも関わらず辞退する理由としては、仕事内容や待遇などが求人票や、自分が思っていたのと違ったもしくは他に希望通りの企業から内定が出たなどがあります。

または、面接官の態度が悪かったという理由で辞退を決意することもあるんだとか。どんな理由であれ辞退する時は、必ずメールか電話で連絡を入れましょう。

マナー違反になってしまうので、連絡しないで辞退、というのは禁物です。
辞退を伝える時の理由は、『他社から内定が出た』とか、『やりたい仕事と違った』と伝えるのが無難。

辞退の連絡を入れるのは、ちょっと勇気が入りますが、

社会人として大切なマナーなので、忘れないでおきましょう。

■節約おすすめ記事

関連記事

就活前線まっしぐら!面接で好印象な自己紹介とはどんな内容?

【節約】地方学生でも大丈夫!少しでも就活にかかるお金を節約する方法とは?!