//アドセンス自動広告

フライパンの交換時期っていつ?時間と使用頻度など重要な項目は?

料理

フライパンは「取っ手が取れてしまった、穴が開いてしまった」など破損してしまったという場合以外長く使ってしまうものですよね。

実際に私も以前使用していたフライパンは5年とか普通に使用していました。

5年使ってもこれが早い交換なのか、遅い交換なのか全くわからず、交換時期というものがよくわからない方も多いでしょう。

今回はフライパンを交換するオススメのタイミングをご紹介していきます!
このフライパン大丈夫?と思っている方がいれば参考にしていただければと思います。

 

フライパンを交換する際の目安は何?

普段から料理をしている人などでは特にフライパンのさびなどが特に気になってしまうと思います。

ちょっとくらいならそのまま使っても問題はないと思いますが、それでもいつかは壊れ、買い替えるときがあるでしょう。

ここで一番知りたいのが「買い替えタイミング」!

破壊してしまった場合には買い替えが必要ですが、

「ちょっとした傷をつけてしまっても買い替えが必要?」
「洗っても全く取れない汚れが出てしまったら?」
「それとも決まった間隔がある?」

 

など疑問が結構あるはずです。

どうやって交換時期を見極めるべきでしょうか?

 

実際には交換のタイミングは大体以下3点の中で該当事項があれば交換すべきです。

  • 取っ手やフライパン本体に調理不可なくらい破損が出た場合
  • 調理中食材がフライパンに引っ付くと感じてきた場合
  • 表面の加工が剥がれて錆が目立つようになってきた場合

 

基本的にフライパンは、持ち手の部分が破損したり調理が不可、しづらくなってしまったと感じてしまうへこみ傷が発生したら買い替えましょう。

多少へこみがあったとしても調理に支障がなければ使い続けて問題はありません。

ただIHタイプのフライパンの場合にはIHコンロに並行にならないくらいのへこみ、ゆがみ、曲がりが発生してしまったら交換しましょう。

正しく熱が伝わらない可能性があります。

汚れや細かい傷がたくさんあったとしても、食材がくっつかなければ問題はありません。
ただ全体的に食材がフライパンに簡単にくっついてしまうと感じた時には早めに交換しましょう!

テフロン加工のフライパンの場合には表面のコーティングがはがれてしまってきたら食材がくっつくようになってきます。

エナメル加工のフライパンも同じです。表面のコーティングが剥がれてしまいさびが目立つようになってきた場合には交換をオススメします。

ステンレス製のフライパンの場合には調理の仕方次第では普段からくっついてしまう可能性があり、交換時期を見誤らないようにしましょう。

表面の傷がひどく鉄の部分が見えてくるようになったら交換の時期と考えましょう。

週1回くらいの頻度で使用する方と、毎日朝昼晩で使用する方であれば使用頻度が違ってくるため、壊れる外的要因も頻度が変わってきますよね。

そのため使用年数などは使用頻度にも関係するのでこれといって何年!という基準はありません。
フライパンで有名なTファールのサイトにも交換推奨時期などは書いておりませんでした。

 

傷、へこみなど使い勝手が悪くなったものや、フライパン自身の塗装や加工が剥げたもの、サビがひどくなってしまったら、フライパンを交換するベストの時期になります。

「油をひいても、ここ最近なんだか食材がフライパンにくっ付く」と思ったら、新しいフライパンへの交換サインなのかもしれません。

 

フライパンを買うなら性能が良い商品を買い長く使う!

ここまででフライパンを買い替えるタイミングをご紹介しました。
フライパンに買い替える目安の日程に基準はないため、フライパン自身の痛みに頼りがちです。

そうなるとフライパンを長持ちさせて新しいフライパンに買い替えるのを遅くするのが理想ですね。
フライパンを買い替える際に長持ちできるフライパンを選ぶようにすると良いですよ。

しかも品質の良いものであれば料理も結構しやすくなりますよ!

 

焦げ付かないような対策や防錆加工など品質の良いフライパンであれば、当たり前のように行っているものなので料理中もストレスを感じずに行うことができるでしょう。

品質が高いフライパンでも手入れは必須です!
フライパンはしっかり手入れがされていれば、数年は持つので、またしばらくは買い換える必要もなくなりますよ。

例えばティファールのフライパンであればどの商品でも長持ちが期待できるコーティングがされていたり、良いグレードではチタンコーティングなどの特殊加工を行っている商品もあったりするので自分の出せる範囲で選択してみてはどうでしょうか?

 

 

まとめ

フライパンの交換時期は年数などの目安ではなく、使い勝手や表面のさび、コーティングのなどの剥がれ具合で判断すると良いです。

料理に支障が出るレベルで壊れてきたら交換するようにしましょう。

フライパンを買い替える際には少し値段が高くても性能の良いブランド品を購入することをオススメします。

高級品のほうがコーティングがしっかりしていて長持ちするので結果的にコスパが良かったりしますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました