共働き家庭では意外と貯金できない!?そんなあなたのための効果的に貯金できる方法

共働き家庭って、収入が2人分あるから、お金が貯まりやすいってイメージがありますよね。

でも実は、共働きの夫婦って、意外と貯金が出来ないんです。

そこで今回は、共働きなのに貯金が出来ない理由と、貯金を増やしていくにはどうしたら良いか、その方法を紹介します。

貯金をしたいけれど上手くお金が貯まらない共働き夫婦は、ぜひ読んでみてくださいね!

共働き家庭で家計の管理はどっちがする?

基本的に家計の管理は夫か妻、どちらがやっても問題ありませんが、出来ればお金をしっかりと、上手に管理できる方が担当すると良いです。

もちろん、夫婦で協力しても管理するのもおすすめ。

ただし、ここで一つポイントがあります。

家計管理そのものは、どちらが担当しても良いのですが、夫婦二人で、毎月の収支を把握しておくこと。

実は、共働き夫婦が貯金できないのは、お互いの収入を把握しておらず、月々いくらの生活費がかかっているのかも、よく知らないからなんです。

家計全体の収支がお互いに把握できていないと、お互い自由にお金を使ってしまうので、無駄な出費も増えるし、貯金もしづらくなります。

そこで、毎月、家計簿や通帳などを見せ合って、収入は一カ月どれくらいがあるのか、生活費はいくらぐらいか、貯金は出来ているのかなど、二人でしっかり把握していきましょう。

すると、お互いの無駄な出費も見えてくるので、それを抑えて貯金することも出来るし、夫婦揃って家計の管理意識が強くなるんです。

つまり、普段の家計管理は、どちらか得意な方に任せても良いですが、収支がどのくらいか、というのは、しっかり夫婦二人で把握しておきましょう。

 

共働き家庭で家計の管理を工夫して貯金を目指す

共働き夫婦の場合、家計管理をちょっと工夫すると、更にお金が貯まりやすくなります。

その工夫とは、まず夫婦共有の銀行口座を開設すること。

開設した口座には、夫も妻も、収入を全額そこへ預け入れます。

そして共有口座の中から、二人で決めたお互いのお小遣いを引き出し、それぞれに渡していきます。

口座に残った金額は、生活費や保険料、家賃、通信費など、固定費の支払いあてましょう。

 

そして、生活費や固定費も支払って、残った額は、貯蓄として貯めていくと良いですよ。

共有の口座を作って、そこに収入を全額入れることで、お金の管理もしやすくなり
記帳した通帳を見れば、毎月の収支や、残高、つまり貯蓄額も一目で分かるので、夫婦で家計を把握することも簡単なんです。

ただし、この方法だと完全に、お互いお小遣い制になるので、今まで好きに稼いだお金を使っていた夫婦には、ちょっと大変かも知れません。

でも使えるお金に制限があることで、節約しよう、無駄な出費は控えよう、という意識が高くなりますし、何より貯金は今まで以上に増えてきます。

将来的に、マイホームや子育てを考えている夫婦には、ぜひおすすめしたい方法なんです。

お金を貯めていくには、やっぱり多少の節約は必要。
でも、それを妻か夫、どちらかに任せるんじゃなくて、二人でなるべく無駄な出費を控えて、貯金をしていく、という意識を高めていくようにしましょう。

まとめ

共働きで貯金していくには、夫婦で収支と貯蓄額を把握しましょう。

そして、本格的に貯金をしていきたいなら、工夫は大事です。

二人ともお小遣い制にして、お互いの収入は、共有口座で家計を管理するのが、最もお金が貯まりやすい方法ですよ。
通帳を見れば収支は分かるし、残高は貯金になるし、管理も把握もしやすいんです。

共働きといっても、やっぱりお金に限度はあるし、子育てなど将来のためにも、貯金は必要です。

そのためにも、二人でしっかりと貯金する意識を持って、家計を管理していくようにしましょう。

すると、知らぬ間に貯金が増えていくかもしれませんよ?

関連記事

【マナーを守ろう!】ゴミを分別しないとどうなる?違反になるの?

これでもうはがれない!湿布の取れない貼り方とは!?

3連休にするには、有休使わなくちゃ!上手な有給の取り方を教えます!

熱中症に対策する!猛暑を快適に過ごせるおすすめグッズは?

週末パスを利用してお得に東北地方、信越地方に行く方法をご紹介

パート主婦!お金も貯まって家事節約!ぜい肉もすっきりダイエット術