ぷらっとこだまを利用して東海道新幹線を安く乗る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

photo0000-1886

東海道新幹線にお得に乗れるプラン「ぷらっとこだま」のご紹介です。
ぷらっとこだまを利用することで東京-新大阪間であれば通常料金より4000円近く安く乗車することが可能です。
お得なプランということで様々な制約があります。いざチケットを申し込みしようと思っても申し込みができないといったことがないようにこのサイトにて詳しく説明していきます。

ぷらっとこだまが安い理由

ぷらっとこだまがなぜこんなにも安いのかというと、名前の通り東海道新幹線の「こだま号」のみ使用できるプランだからです。
こだまは東海道新幹線の中で各駅停車として運行されているため、最速の「のぞみ」に比べて所有時間が長くなります。

東京-新大阪間がのぞみを使用すると約2時間半ですが、こだまを使用すると約4時間かかります。そのため少しでも急いで新幹線を利用したい方には向いておりません。どちらかというとのんびりとした旅行を目的とした方などに向いているプランとなります。
ぷらっとこだまの良い点として乗車の際に使用できるドリンク券が一緒にもらえるということです。
このドリンク券を各東海道新幹線駅内にある売店に持っていくとドリンクもしくは350mlのお酒関連と交換することができます。(一部ドリンクを除く)
お酒が200円くらいしますので運賃だけで言えば最大200円くらい安くなる計算になります。

ぷらっとこだまの申し込み方法について

ぷらっとこだまはJRのみどりの窓口では申し込み出来ません。
JR東海の駅に付随する東海ツアーズもしくはJTB店舗で申込することが可能です。インターネットでも購入することが可能ですが、別途送料がとられます。東海ツアーズは東海道新幹線沿線(東京品川新宿新横浜含む)にしかないため、遠方の方以外はあまりお勧めはしません。

また、ぷらっとこだまは乗車当日に購入することができません。前日までに申し込みをする必要があります。こんな感じでいろいろな制限があるため安く提供することが可能なのでしょう。

申込する際に注意すべきこと

このチケットを申し込み、利用する際に気を付けないといけないことが何点かあります。

①土日利用の際には早めに申し込みを済ませること

結構ぷらっとこだまを利用している方は多く、3連休などでは予約開始される1か月前から予約しておかないと便に寄っては満員になってしまう可能性もあります。
もともとぷらっとこだまはこだまの指定席もしくはグリーン車のみを使用しています。こだまは自由席が多いためそこまで1車両ごとに指定席がなくぷらっとこだまの枠もそこまで多くないようです。

②切符は自動改札を通さず改札横から入ること

このぷらっとこだまは厳密には切符ではなくツアーです。そのため自動改札が通れる切符は発行されません。そのため自動改札の駅員にチケットを見せて入ることになります。

③通常の切符とは違い東京都内、大阪市内といった切符はついてきません

通常の切符であれば希望すれば東京都内の乗車券もついてきますが、この切符にはそのような乗車券は一切ついてきません。そのため東京-新大阪間であれば本当に東京と新大阪の間でしか使用できません。それ以外の区間からくる場合には必ず別運賃が必要になります。

④指定された駅間でしかぷらっとこだまは使用できません

ぷらっとこだますべての新幹線駅から使用できるわけではなく「東京、品川、新横浜、静岡、浜松、名古屋、京都、新大阪」の駅間でしか使用することができません。そのため、例えば熱海-豊橋間といった切符は使用できません。

⑤繁忙期の運賃は約1000円程度上乗せされる

通常料金と同じように繁忙期では追加で1000円ほどかかります。かかったとしても通常料金に比べれば断然お得なので十分に使用できます。

まとめ

今回はぷらっとこだまに関して紹介しました。
ぷらっとこだまを有効活用すればお得に東海道新幹線の旅を計画することが可能です。

ぷらっとこだまの派生として東海ツアーズが提案する+ホテルがついたプランもあります。こちらもお得に利用できるためおすすめの商品です。みなさんもぷらっとこだまを使用してお得な旅行に行ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする