金券ショップより安い格安切符も!東北新幹線に格安で乗る方法をご紹介

photo0000-2923

東北新幹線に格安で乗れる方法をご紹介します。金券ショップで購入するのが無難なところですが、JR東日本に関してはお得なきっぷが多く割引率の高い切符も多いため、回数券を使用する必要がない場合もあります。

正規料金の値段について

まずは他の料金と比較するために正規料金の値段で購入する際の値段を記載しておきます。
東京-仙台間で指定席券で10890円、東京-新青森間で17350円、東京-新函館間で22690円となっております。本値段が基準となりいくらまで安くなるかを紹介いたします。

 

金券ショップで回数券を購入する

駅前にある金券ショップでは各駅間の回数券のバラ売りを行っております。通常料金よりもお得な値段で購入できるため簡単に通常料金より購入できることはみなさんもご存知でしょう。

店によって多少の差はありますが実際に金券ショップにて購入すると、東京-仙台間は10,500円前後、東京-新青森間で15500円前後となります。

残念ながら回数券が北海道新幹線区間で設定されていないため、購入することができません。そのため思った以上に東北新幹線、北海道新幹線にて金券ショップで切符を購入するメリットはありません。それ以上に公式でお得なきっぷを用意していることが多いためそちらを利用することも可能です。

えきねっとを利用

えきねっととはJR東日本が運営するインターネット予約サイトです。本サイトに会員登録することで通常値段より安く切符を購入することが可能になります。やり方として何種類かありますが、今回は主な2種類の切符をご紹介します。

モバイルSuicaを利用

えきねっと会員でモバイルSuicaを利用すると通常の切符よりも安く購入することが可能です。

東京-仙台間だと9970円、東京-新青森間で15430円、東京-新函館間だと20630円となります。
特に東京-仙台間が金券ショップよりもお得に購入できます。しかしモバイルSuicaを利用するためにはモバイルSuicaに対応する端末を所持している必要があります。

スーパーモバトクと呼ばれる特急券もあり、最大東京-新函館間が15460円にまで安くなります。このやり方が一番安くえきねっとで安く購入することができます。

えきねっとトクだ値、お先にトクだ値を利用

申し込み日程と区間によっては最大40%割引が可能です。東京発の列車では13日前までに予約が必要ですが25%割引が得られます。非常にお得な切符となります。(仙台までは対象外)東京-新青森間で13,160円、東京-新函館間で17,160円となります。

三連休東日本・函館パスを利用

この切符は3連休のみ使用できるフリー切符であり、JR東日本圏内、一部の私鉄が乗り放題でご利用できます。

価格は1人あたり14050円です。
このきっぷの良い所は子供向けが4300円とかなりお得になっているところです。家族で旅行する際にはとてもお得に利用できます。

この切符だけでは乗車券しかないため別途特急券を購入し新幹線を乗ることになります。この切符を利用し東京-新函館間を往復するのであれば十分お得に利用できます。
それに加え移動をなるべく列車で行うようすれば細かい移動がフリーきっぷで追加のお金をかけずに利用することが可能です。個人的にはこの切符を利用して鉄道の旅に出かけるのも良いかと思います。

3連休

 

まとめ

今回は東北新幹線を安く乗る方法をご紹介しました。東北新幹線は金券ショップで回数券を購入することで安くなることがありますが、全区間で回数券があるわけではないためそこまでお勧めできません。

回数券よりも公式サイトのえきねっとで安く利用することができる可能性があるため、積極的にえきねっとを活用していくことをおすすめします。

関連記事

九州旅行におすすめ!お得な切符をご紹介

晩御飯くらい手を抜いてみては?おすすめの時短方法をご紹介します

ディーラーにて新車の自動車を少しでも安く購入する方法をご紹介

青春18きっぷの利用方法についてご紹介します

【簡単にできる!】節約のコツ!日常生活で簡単に実践し貯金を目指そう!

節約、貯金片方だけではダメ?節約生活と貯金の意外な関係とは?