株主優待券を利用して東武鉄道に格安で乗る方法をご紹介します

photo0000-3722

東武鉄道に格安で乗れる方法をご紹介します。

東武鉄道は観光地の有名どころである「日光」や「鬼怒川温泉」へ直通の列車で向かうことができる路線です。

今回ご紹介するやり方は特に東武鉄道を長距離乗る方にオススメの方法です。少しでも安く利用する方法をご紹介します。

基本は金券ショップで購入するのが無難なところですが、利用する区間や路線によってお得になるか変わってくるため、特徴をご紹介します。

 

正規料金の値段について

まずは他の料金と比較するために正規料金の値段で購入する際の値段を記載しておきます。

東武本線の場合浅草-東武日光間が1360円です。

また東武東上線の場合最大の池袋-寄居間で890円になります。

 

株主優待券を利用する

東武鉄道の株主優待券は

「1枚で1度限り改札を抜けるまで乗り放題」の切符です。

 

東武鉄道区間でしか使用できないため、

他社へ乗り入れしている鉄道(地下鉄、会津鉄道等)を利用する場合にはその運賃が別途必要になります。

 

株主優待は東武鉄道の株を一定量以上購入することでもらうことができます。バラ売りが金券ショップで購入でき、1枚あたり約800円で購入することができます。

有効期限ギリギリになると一部の金券ショップでは安くなったものを購入できる可能性があります。

相場の金額800円で購入したとすると

東武本線の場合

「浅草~羽生、新古河間」以上の距離を利用する場合お得に乗車することができます。

東武東上線の場合ほぼ最大の池袋-小川町間程度の距離がないとお得に乗車することができません。

東武東上線の場合、池袋-寄居間以外では使用しないほうがいいかもしれません。

 

羽生?新古河?どこだよ!という方も結構いるでしょう。

要するに浅草から館林もしくは板倉東洋大や新栃木であれば金券ショップで株主優待を購入したほうが安く利用できる可能性が高いです。

 

特急スペーシア、リバティ、りょうもうを利用する場合

上記株主優待券を利用して特急スペーシア、リバティ、りょうもうを乗車することも可能です。その場合には別途特急券を購入する必要があります。

浅草-東武日光間の特急券が1440円ですので通常は2800円かかるところが株主優待券を使用することで約2300円程度まで安く乗車する事が可能です。往復で1人あたり1000円程度安くする事が可能です。

浅草から鬼怒川温泉や東武日光に行く際には大丈夫ですが、リバティに乗って新藤原以降に行く場合乗車券が別途必要になります。

車内で購入するか事前に駅で購入しておきましょう。

 

もちろんTJライナーにも株主優待を使用していくことができます。

 

まとめ

株主優待券を利用して安く東武鉄道を乗車する方法をご紹介しました。

東武鉄道の場合には他のお得なきっぷはあまりなく、なかなか利用しにくいものばかりです。

基本的には株主優待券を利用する方法をおすすめします。

しかし株主優待券は金券ショップに必ず置いてあるわけはありませんので、旅行等で利用する場合には早い段階で株主優待券を金券ショップで探すか、ヤフオク等のオークションで早めに購入することをおすすめ致します。

■節約おすすめ記事

関連記事

【節約】名鉄に格安で乗る方法をご紹介します

京浜急行(京急)に少しでも安く乗る方法をご紹介!

【節約】東海道新幹線に格安で乗る方法をご紹介します

西武鉄道に格安で乗る方法をご紹介

【節約】フリーターだからお金がたまらないとは言わせない方法をご紹介!

一人暮らしで、お金がたまらない!そんな生活から脱出する方法とは!?