目指せ100万円!ボーナスなしでも貯金ができる!おすすめの方法は?

不景気なこのご時世で、職場からボーナスが出なくなったり、もしくは非正規なので元からボーナスなしということもありますね。

そんな苦しい収入でも、コツを掴めれば実は貯金って出来ちゃうんです。

今回は、ボーナスがなくて低収入の人でも、貯金をしていく方法を紹介します。

上手くいけば、100万円貯めることだって夢じゃないですよ!

ボーナスなしで貯金するコツは支出や収入、目標貯金額などをしっかりと把握すること

ボーナスなしでも貯金したいと考えている場合に一番大事なのは

「しっかりと月々の収入と支出を把握しておくこと」

そして、目標貯金額を具体的に設定しておくことがポイントです。

特に毎月の収支は、数字化して分かりやすくすると、無駄な出費を省きやすくなりますよ。

まず、目標とする貯金額を決めましょう。

何年でいくら貯める、というように、期間と金額を具体的に設定します。

例えば、1年で100万貯めるとしたら、それに向けて、毎月いくら貯金して、どれくらいの金額が使えるのかを把握していきましょう。

実際1年で100万貯めるとすると、毎月約8万貯金する必要がありますね。

この目標はあなたの中で現実的に実現可能な目標でしょうか?

宝くじにでもあたらない限り実現不可能な目標だったらその目標はあきらめましょう。

目標値はあなたが努力して実現できるかどうかくらいのレベルまでにしておきましょう。

理想と現実でかけ離れすぎていてはモチベーションが持たなくなるので注意が必要です。

またモチベーションという意味では、貯める目的を作っておくとモチベーションが上がりやすくておすすめです。

例えば・・

  • 来年家族でハワイ旅行に行きたいので50万円貯めたい
  • 来年結婚するので1年間で100万円貯めておきたい
  • 来年息子が受験だから追加で100万ためておきたい
  • 自動車を買い替えたいので頭金として100万貯めておきたい

 

など考えればいくらでもあると思います。

目標金額を決めるにあたって必要なのが、毎月の収入と支出を細かく記録すること。具体的に、何にいくら使っているかなど書いていくので、要するに家計簿をつけるということですね。

毎月どのくらい引かれるのか(保険や家賃などなど)を把握しておくことが大事です。

これによっていくらくらいまで貯金できるのか、自分の限界が見えてきます。

賛否両論ありますが、お金は命の次に大事なものです。
きちんと毎月引かれていく分を把握しておきましょう。

そのためにはこまめな記帳が大事です。ついつい記帳するのを忘れてしまう人は多いかともいますが記帳はするように心がけましょう。

記帳した口座の情報も含めてお金の流れはノートなどに記録するか、もしくはエクセルを使うとより分かりやすくなりますよ

ここでもう一うつポイントなのが、急な出費に備えておくこと。

毎月何事もなく貯金していけるならそれに越したことはありませんが、友人や親戚の冠婚葬祭に出席する場合もあります。

他にも家電が壊れてしまったり、自分自身が思わぬ病気やケガで、治療費などが出ることだってあります。

急な出費のことも視野に入れて、貯金する額を考えておくと良いでしょう。

目標額を決めたら定期的に身の回りの整理をして要らないもの、使わないものがないか定期的に見直しましょう

ここまでは貯金をするための準備段階ですが、準備段階にやっておくべきことがもう1つあります。

それは身の回りの整理をして部屋にある不要なものを処分すること。

節約は基本購入しないようにするやり方が多いですが、その前に使ってないもの、いらないものを捨てておくことで部屋がスッキリしますしまとめ買いした商品を置いておくスペースを確保することができます。

関連記事
・簡単に節約する方法はいらないものをバッサリ捨てること。理由と方法をご紹介!

貯金のために支出で減らせるところを削っていく

赤字になってしまわないように、支出はなるべくセーブすることも、ボーナスなしで貯金していくコツです。

収入はそんな毎月変わらないかもしれませんが、支出はいくらでも変更がききます。

削っても問題ない支出を見極めて、無駄な出費を抑えてきましょう。

無駄な出費を抑える方法としてこんなことがあります。

  • 外食を可能な限り控えて毎日自炊する
  • 飲み物は家から水筒やタンブラーを持ち歩くようにする
  • 日常品は安いところでまとめ買いする
  • コンビニでの購入を可能な限り控える
  • スーパーも行く日を少なくして1週間分の食料をまとめ買いする
  • 衝動買いは頑張って抑える
節約関連記事

 

基本的には購入物を少しでも抑える、少しでも安く購入することができれば定価で買ったお金よりも出費が抑えられその分のお金を貯金に回すことができます。

一番注意しないといけないのが上記でも記入しましたが衝動買いです。

特にどんなものでも、期間限定やセールと表示されていると、人はついつい欲しくなってしまものです。

購入を検討する際、レジに持っていく際にはこんな事を一度は考えるようにしましょう。

  • 本当にそれは欲しい物か?
  • この先必要になってくるか?
  • 購入しても無駄な出費にならないか?

 

そうすると、いくらお得な値段であっても、その時だけしか買えなくても、実際に買ってみると後でやっぱりいらなかったなと思うものが大半です。

特に趣味関連の買い物はこれが多いかと思います。買い物に行った時は、本当に必要なものだけを購入するようにしましょう。

些細なことでも、不要だと思った出費を削っていけば、ボーナスがなくてもきっと貯金に繋がりますよ。

銀行にお金を預けるのであれば、金利や手数料を気にするようにしましょう

例えば毎月10万貯金しようとすると、そのお金の分は使わないようにするために銀行に預けるかと思います。

実は貯金に使用する銀行の選択も重要です!

家に近い地方銀行やどこにでもある都市銀行、ゆうちょ銀行でも良いかもしれませんがそれよりも少しでも金利のよいネットバンクに切り替えた方がお得です。

銀行も低金利が続いているため、銀行に預けていても金利はほとんど意味はありませんが、それでも通常の銀行よりもネットバンクの積み立てや定期預金を使ったほうが少しはマシです。

またネットバンクではセブン銀行などのコンビニATMの手数料が無料になる銀行も結構あります。

オススメネットバンクは下記記事を参考にしてください。

ネットバンク初心者は金利を気にせずATM手数料を見るべし!その理由とは?」

まとめ

ボーナスなしでも貯金をしていくには、年間でいくら貯めるか、具体的に金額を設定すること、そして月々の収入と支出を把握して、記録に残しておくことをしましょう。

また、貯金していくためには、無駄な出費を極力しないようにして、買い物も週一回がおすすめです。

しっかりと収支を把握して、無駄な出費を削っていけば、ボーナスがなくても、貯金していくことは難しくはありませんよ。

皆さんもこの記事を参考にして貯金をどんどん増やしていきましょう!!

■節約おすすめ記事

関連記事

今度こそ挫折しない!少額から始める貯金講座 挫けないコツから低収入でもちゃんと貯...

近畿日本鉄道(近鉄)に格安で乗る方法をご紹介します

【節約】地方学生でも大丈夫!少しでも就活にかかるお金を節約する方法とは?!

簡単に節約する方法はいらないものをバッサリ捨てること。その理由と方法をご紹介して...

一人暮らしでまとめ買いに有効な商品は何?こんな商品は買ってはダメ!

エンジョイと節約を同居させる大学ライフ講座!マイボトルを持参でちょっとの工夫で大...