//アドセンス自動広告

高速バスで長距離移動!休憩はどれくらいあるの?注意点などもご紹介!

旅行

遠方へ出張、旅行に行く時は何を利用しますか?

新幹線などの列車を使う人が大半かと思いますが、

時間に余裕のある人は、高速バスを利用したりもします。

 

ある程度のところまでなら色々連れて行ってくれますね。

高速バスと一言に言っても、いろんな種類があります。

  • 日中を走る高速バス
  • 夜間を走る高速バス(夜行バス)
  • 高速道路の路線バス

主にこの3種類に分かれます。

 

遠方に行く場合、多くの人が前日の夜出発し、翌日の朝到着する夜行バスを利用します。

バスの中で寝てるだけで起きたら目的地なので、場所問わず寝られる人はお得に移動できます。

 

さて、ここで心配になってくるのが休憩です。バスでの移動は長丁場になります。

6時間、7時間とひたすらバスに乗り続けているわけです。

運転手さんも流石に運転しっぱなしは疲れてしまいます。

 

事故にも繋がってしまいますので、そのためにも休憩は何度かあります。

そんなバス休憩ですが、実際のところ休憩がどんな感じになるのか心配になる方も多いでしょう。

そんな方向けに高速バスの休憩事情についてご紹介します。

 

 

長距離移動の高速バスでトイレ休憩はどれくらいある?

 

 

距離や走る時間帯によって休憩の回数は変わってきます。

昼間走るバスに関してはトイレ休憩で大体20分程度停まるバス会社が多いですね。

 

長距離バスだと車内にお手洗いが設置されているものも多いので

6時間から7時間かかる行程の距離であれば休憩は1回の運行に2回から3回ほどです。

6時間から7時間といえば東京~名古屋間の所有時間です。

 

平均して始発から1時間半から2時間経ったあたりで1回。

終点の1時間から2時間ほど前に1回くらいになります。

 

 

ただし、高速の路線バスの場合はトイレ休憩というものがないので

その点は注意してください。

路線バスとは、高速内に設置されたバス停に停まるバスのことです。

 

 

20分あれば大体お手洗いは行って帰ってこれます。

最近はSAなどにもコンビニがあるためちょっとした買い物も可能です。

バスの停まる場所は大体同じですが、それなりに大きなところに停まるので

すごく混雑するということは少ないです。

 

女性の場合、メイク直しを休憩中にやる人も少なくないです。

しかしら20分しかないので、時間を有効に使うために、自分の乗ってきたバスの停車場所は忘れないようにしましょう!

 

 

気を付けないといけないのが割と自分のバスを忘れてしまって迷子になる方が多いことです。

特に夜行バスだと周りが暗い上に、同じような大型バスが

同じ場所にたくさん停車しているので、

バスを降りる際に、停めた場所、バスの柄、名前などは

忘れずに確認をしておきましょう。

 

 

長距離の高速バスの休憩の時間はどれくらい?

 

日中を走る高速バスの場合、朝出発して夜到着になります。

その間にお昼がありますね。

 

お昼があるからというわけではありませんが、

トイレ休憩よりも長い時間の休憩が一回の運行に最低でも一度はあります。

運転手さんの交代だったりするための時間ですね。

 

バス会社や、バスの運行時間にもよりますが、

40分から1時間くらいの休憩があります。

 

夜行バスだと車内で寝て居る方も多いので、何時から何時までという

アナウンスはありません。

お昼の運行だと、だいたい40分くらいが平均的な休憩時間です。

 

先にお話ししたトイレ休憩の様に、同じようなバスが多数停まっています。

迷子にならないようにするのが基本です。

 

 

まとめ

 個人で行くのとは違い、不特定多数の方とまとまって移動する為、

自分のタイミングでサービスエリアなどに停まることはできません。

もちろん、遅刻なども厳禁です。

 

お手洗いが近い方や、長時間座っているのが辛い方は

前もってどのようなバスがあって、どれなら自分にとって大丈夫かなどを

きっちり確認してから予約をしましょう。

 

今は快適にバスの旅ができるような仕様の長距離バスが増えています。

安さのみで決めてしまうのではなく、内容や車内仕様もしっかりと

選択項目にしておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました