【節約】少しでも子供のスマホ料金を節約したい!そんな方には格安SIMがオススメ!

最近の学生は当たり前のように携帯電話、スマートフォンを持っています。

塾や習い事の迎えの連絡や万が一何かあった時の連絡手段として子供に持たせているという親御さんも多いのではないでしょうか?

しかしその携帯やスマホを子供に持たせたらゲームやYoutubeばっかり見たり、友達との長電話などで、月額料金が親御さんの金額よりも高くなってしまったという経験はありませんか?

大体そんなことが発生している世帯の携帯は親と子供で同じ大手キャリアを利用して家族割を利用していることが多いです。

実は家族割を使うよりも子供のスマホ代を安くする方法があります

その方法は子供のスマホを大手キャリアから格安スマホに乗りかえることです!

大手キャリアではビジネスマンや大人が利用しやすい仕組みがたくさんありますが、特定の目的に特化してスマホの料金を安くするということはなかなか難しいです。

この記事では、なぜ子供に持たせるのに格安SIMが良いかとオススメの格安SIMについてご説明していきます。

なぜ子供に持たせる電話は格安SIMのほうが良いか?

一番の理由は毎月かかる料金が格安SIMのほうが安く利用できることです。

大手キャリアと格安SIMで同じように子供が使った場合、ほとんどの場合で格安SIMを利用したほうが料金が安くなります。

料金が格安SIMのほうが安いのであればなるべく格安SIMを選びたいですよね。

しかし大人が格安SIMに乗り換えた場合、必ず現在の大手キャリアのプランから安くなるかと言われるとそうではありません。

ここからは格安SIMの方がなぜ安いのか、なぜ子供の使い方だと格安SIMの方が安い料金になるのか解説していきます。

格安SIMは料金プランやオプションが多く自分に適したプランを選択できる!

格安SIMの特徴の1つとして、いろんな機能の有無が設定できることがあります。

例えばこんな機能が有無で選択できます。

  • 通話機能
  • 留守番電話機能
  • キャリアメール
  • 保証サービス
  • 領収書発行

 

留守番電話機能や保証サービスは大手キャリアでも有無を切り替えられますが、通話機能やキャリアメールなんかは機能を追加するため追加で料金がかかります。

通話は必要だと思いますので結構な方が追加するかと思いますが、必要かどうかの賛否が分かれるのがキャリアメール(最初から付与されるメール機能)です。

今時LINEなどのSNS機能を使って友人などとやり取りをすることが多いと思いますが、このキャリアメールの機能未だ「ないと困る!」という人も意外といらっしゃいます。

格安SIMではこのキャリアメールを使うのに追加料金がかかるところがほとんどです。
会社によってはキャリアメールの設定がない会社もあるかもしれません。
(大体月額数百円の料金がかかります)

この機能、今時の若者であればいらないと思っている方ばっかりです。
(LINEなどのSNSが使えれば問題なし)

他にも「子供が使う機能としてはいらないでしょ」というような機能が結構あるため、格安SIMでその機能を削除することで料金を削減することができます。

使えるデータ量を事前に決められるため無駄使いが防げる

大手キャリアだとデータ使い放題みたいなプランが多く、スマホゲームやyoutubeなどをやり続けることができて、勉強や他のことがおろそかになってしまう可能性があります。

格安SIMであれば月々に利用できるデータ量を細かく制限できます。

設定したデータ量を超えた場合、通信制限がかかりゲームやyoutubeなどが利用できなくなるため、自分自身で計画的にデータ量を使う必要があります。

自分自身で使える量が限られているため勉強などをおろそかにせず利用することができるようになります。

また子供のうちから計画的に使う力を鍛えることができれば、大人になった際に困ることも減るでしょう。

料金がわかりやすく、子供がスマホ料金を使っているか把握しやすい

大手キャリアはXX割などいろんな割引を入れて料金を決定しているため料金が非常にわかりにくいです。

実際の基本料金からXX円家族割で引かれて、XX円XX割で引かれれてという計算がいろいろわかるため実際基本プランから使いすぎているのか、使いすぎていないのかわかりにくいです。

しかし大手キャリアと違って格安SIMはもともとのプラン選択で料金が大体決まるため料金がわかりやすいという特徴があります。

そのため最初に設定した料金の値段から実際に使った料金と比較し、1000円以上上乗せされているようだとプランで設定した時間以上の通話をしていたり、使えるデータを追加課金して上乗せしていることがわかるため、使いすぎているのがわかります。

こんな感じで格安SIMの場合、お子さんが携帯を使いすぎていないか実際に支払った料金から簡単に確認することができます。

格安SIMは大手キャリアから切り替えるのが大変なので新規申し込みがベスト!

格安SIMは値段が安い代わりに他携帯会社からの切り替えを自分自身で行わないといけないため結構めんどくさいです。

大手キャリアから大手キャリアに変える場合には各ショップの店員が全部やってくれるため簡単だったのですが、これを自分自身でやるため事前にやり方を調べておくなどの下準備が結構必要です。

こんなめんどくさいことをやらないといけないため、

「格安SIMへの切り替えは興味があるんだけど、めんどくさそうだからやっていない」

こんな方も結構いると思います。

しかしお子さんの携帯を新規購入する際に最初から格安SIMにしてしまえばこんなめんどくさい手続きがなく、インターネットでの手続きだけで済ませることも可能です。

そのため私は

「新規でお子さんに携帯を購入する際は格安SIMを購入すべき!」

だと思っています。

参考までに別記事で大手キャリアでも月々の料金を節約する方法をご紹介していますので参考にしてください。

実際に格安SIMだとどのくらい料金が安くなる?

格安SIMのほうが料金が安くお得ということはお分かりになったと思います。

じゃあ実際どのくらい安くなると思いますか?

私も昔auを使っていたのですが、1年前くらいにUQ mobileに切り替えました。

auの場合には約10000円くらい毎月払っていた料金がこうなりました。

格安スマホに切り替えただけで5790円にまで安くなりました。

私はUQで一番データ容量が多いプランを使っているため基本料金が高いです。

結構普段から動画やアプリを使ったゲームをしているためここまで料金がかかっていますが、通信できるデータ容量が少ないプランを選択すればもっと安くなります。

月々の料金が約10000円⇒約6000円になるわけですから結構大きいですよね。

UQ mobile調べによると平均約4000円くらいUQに乗り換えた人だと安くなっているようです。

年間約5万円削減することができます。どうでしょう。結構安くなると思いませんか?

携帯、スマホを子供に新規購入する際は最初から格安SIMで契約すれば月々の携帯電話にかかる料金が節約できます。

そのお金の分を子供の教育費や将来の貯金、習い事などに回せますね。

子供だけでなく家族全体で格安SIMに乗り換えることができるのであれば、もっと安くなったりもできるでしょう。

ここまでで格安SIMに乗り換えたほうが料金が安くなることをご紹介してきました。

ここからはお子さんにオススメする携帯会社をご紹介していきます。

格安SIMの会社もいろいろとあり、会社によって特徴が違います。
どれが子供に適しているかよくわかりませんよね。

次項目で私がオススメするお子さんが使いやすい格安SIM会社を3社ご紹介していきます。

オススメの格安SIM会社をご紹介します!

オススメする格安SIMの会社を2社ご紹介します。

それぞれの会社で特徴が異なるため、お子さんにスマホをどこまで使わせるかによってももどれだけお得になるか異なってきます。

UQ mobile


UQ mobileの特徴は?
  • 格安SIMの中でも1、2を誇る通信速度
  • auの子会社なので簡単につぶれない
  • 他社に比べてサポートが充実!
  • 学割や家族割もあり子持ち家族にはオススメ!
私も利用しているUQ moblieです。

大手会社auの子会社ということもあり簡単にはつぶれない会社です。

あまりマニアックな会社を選んでしまうと、業績悪化で違う会社に買収されたり最悪の場合つぶれてしまう可能性もあるのでオススメはしません。

格安SIMは大手キャリアに比べれば通信速度が遅いところが弱点ですが、このUQは格安SIMの中でも通信速度が1、2を争う速さです。私自身も使っていますが、昔使っていたauとそこまで変わらず利用することができます。

スマホでゲームなどのアプリを頻繁に利用するのであれば、通信速度は待機時間などにも影響が出てくるためイライラなどがなくスムーズに利用することができます。

またUQの料金は最低料金が980円からと格安SIMの中では安いほうではありませんが、格安SIMなのに家族割や学割があるため子供にもオススメの格安SIMです。

iPhoneも一部取り扱っているため

「スマホはiPhoneがいい!」

とねだられてもUQに申し込みながらiPhoneまで購入できます。

 

LINEモバイル

LINEモバイルの特徴は?
  • LINE含む主要SNSが無料で利用できる!
  • LINE通話を使えば通話もタダ!

 

SNSアプリのLINEが提供するスマホサービスがLINEモバイルです。

今時の学生であればメールも電話もせずLINEでコミュニケーションをとっています。

このLINEモバイルであればいつでも料金を一切かけずにLINEを楽しむことができます。

他格安SIMだと低スピードモードに変えることでSNSが無料でできたりしますが、LINEモバイルならばいつでも無料でLINEやtwitter、facebookなどの主要SNSが無料で利用できます。

UQに比べると通信速度は落ちますが、LINEをやるだけであればUQよりも安く利用することができます。

お子さんが「とりあえず友達とLINEなどのSNSができればよい!」

と思っているようであればLINEモバイルで十分利用できるでしょう。

LINEモバイルの詳細を見る

まとめ

大学生など自分でスマホの料金が払えるくらいになるまでは、お子さんには親のいうことを聞いてもらいましょう。

今回紹介した格安SIMを使えば、通常の大手キャリアでお子さんに携帯電話を持たせるよりもかなり安く利用することができます。

子供のうちはスマホの料金はそこまでかけず、その分お子さんの養育費や塾代などにお金をかけてあげましょう。

普段の節約を頑張ったとしても数千円の節約ってなかなか難しいんですよね。

毎月そのくらいの金額が格安SIMに変えるだけで節約できると考えれば、こんなお得な話はなかなかないです。

是非積極的に格安SIMを利用していただきたいです。

■節約おすすめ記事

関連記事

大学時代に使った教科書、専門書お得に処分する方法とは?

【節約】少しでも電車、新幹線を安く乗る方法まとめ

簡単に節約する方法はいらないものをバッサリ捨てること。その理由と方法をご紹介して...

【節約】格安SIMにしなくても節約する方法はある!月々の携帯代を安くする3つの方...

ネットバンク初心者は金利を気にせずATM手数料を見るべし!その理由とは?

株主優待券を利用して東武鉄道に格安で乗る方法をご紹介します