長期休暇で実家に帰省したいけどバイト休める?上手にバイトを休む方法とは?

 


夏休みなどの長期休み、バイトでがっつりお金を稼ぎたい!

しかし年末年始やお盆くらいはちょっと実家に帰ってゆっくりしたいものです。

ただ問題なのが、その期間バイトを休めるかどうか。「実家に帰省したいから」という理由だけでバイトって簡単に休めるものでしょうか?

長期連休こそ忙しいバイトもあり、休みを取るのが難しい?と思う方もいるでしょう。

今回は、一人暮らしでコンビニや飲食店でバイトをしている人へ、長期連休時にいかにして休み取るかの方法を紹介します。

連休に休みを取りたければその時期一番忙しくなるバイトはやめましょう!

長期連休にバイトで休みを取りたい場合には、その時期一番忙しくなる仕事はやめましょう。

連休時に仕事が忙しくなるようなバイトの場合、会社としては少しでもバイトの人数を増やしたり連休こそバイトに入ってくれるような人が欲しいと思っています。

そんな中年末年始などの連休に長期連休を取りたいなんて言いにくいですよね。まずバイトを選ぶ際に、長期連休に混むようなバイトを選択肢として入れておかなければ長期連休を入れることを断られるようなことは少なくなるでしょう。

ではどんなバイトが連休中に混むのでしょう?一例はこんな感じです。

  • 飲食店(ビジネス街を除く)
  • ショッピングモールの中にある店舗
  • 映画館
  • テーマパーク

 

連休に混む店舗は飲食店が多いです。年末年始や長期連休時は忘年会などのシーズンであるため飲食店は繁忙期だったりするのです。

とはいっても飲食店でもビジネス街の場合には、会社が休みで来る人が少なかったりして混み合わない可能性があります。こんな場所の場合、店員数も減らしたいと会社側は思うため入るバイトの人数も少なくしたりします。

それ以外ではテーマパークやショッピングモールなど、人が休日に人がたくさん集まりやすい場所は連休も混み合うことが多いです。

このようなところでバイトしていると、社員の方から連休も出てほしいとお願いされる可能性が高いです。

年末年始に忙しかったりするバイトの場合、会社によっては年末年始などに帰省を理由にバイトを休むことを許さないなどと、ルールが設けられている飲食店もあるくらい飲食店のバイトは店によっては忙しいものです。

もし年末年始やお盆などの長期連休に休暇を取りたい、シフトにあまり入りたくないようならあまりサービス業のバイトをするのはおすすめ出来ません。

長期連休をバイト休みたいと思うのであれば、こんな場所でのバイトは控えたほうが良いでしょう。

連休時に長期で休みを取りたければ面接時などに事前に伝えておくことをオススメします

お正月などの長期連休は実家でゆっくり過ごしたいと思う場合には、繁華街での飲食店やテーマパークなどのサービス業ではなく、他のバイトを選ぶのが良いでしょう。

しかしそれ以外のバイトでも年末年始や夏休み期間などに混み合うところも意外とあります。

いざバイトをするようになって連休時に長期連休を取ろうと休みを申請したら

「無理、この日とこの日は最低限入って」

と言われないように、バイトの面接時にちゃんと

「実家この辺になく、毎年長期連休は実家に帰るけど大丈夫か?」

と店長に聞いておきましょう。

この時に年末年始は忙しくなるから難しいと言われたりするような場合には、そのバイトに入るのを考え直してもよいかもしれません。

事前に伝えておけば店側もそれを考慮したシフトにしてくれる可能性があるため、必ず伝えるようにしておきましょう。

連休中実家に帰るとは言いにくい!そんな時にオススメの休む理由とは?

年末年始や連休に実家に帰省していなかったりすると、親が心配して連絡がある方もいますよね。

「次の連休は帰ってこないの?お父さん心配しているよ。たまには帰ってきなさい」

こんな母親からの声が想像できます。両親を安心させるためにもたまには実家に帰ってあげましょう。

と言っても連休中もバイトは忙しくてなかなか帰るのは難しそう。そんなときに休む理由をどんな言葉にすれば良いでしょうか?

親戚、家族が病気、危篤のため帰省して会いに行きたい

おじいちゃんやおばあちゃんが高齢だったり、病気だったりして今後のことを考えて一度会いに行きたい。

この場合バイト先の店長などに正直に話しましょう。きっと休ませてくれるはずです。

逆にここでダメと言われるような会社の場合、今後のことを考えてバイトをやめるといった選択肢も考えておく必要があると思います。

法事、冠婚葬祭があり実家に帰省したい

葬式や三回忌など法事に参加したり、いとこや兄弟の結婚式に参加するため実家に帰省したい。

これも比較的一般的な理由です。年末年始に命日を迎えるといったこともあるでしょう。

年末年始の場合には結婚式はあまりないかもしれませんが、GWや夏休みなどであれば普通にあるはずです。

しかし、休みたいからと言って何度も家族や親戚に不幸があったという理由を使うと怪しまれる可能性がありますので注意が必要です。

早めに相談しておく

今年は実家に帰る用事があって必ず休まなくてはいけない。こんな時はなるべく早めにバイト先の店長などに相談しておきましょう。


XX日からXX日までは○○という用事があって休ませてください

事前にしっかりと帰省したいという旨を伝えておけばシフト調整をしてもらえるはずなので休みやすくなるでしょう。

シフト制のバイトの場合、1か月の予定を事前に作成するバイトも少なくありません。そんな中1週間前に急に休ませてと言われても日程表を作成する側としても困ります。

ちゃんとバイトのシフトが決定する前までにバイトの店長などの上司に相談しておくようにしましょう。完全に応えられなくても何らかの対処をしてくれる可能性があります。

休む前後でしっかりシフトに入る

長期連休をする場合、その分の穴埋めとして前後の日程はシフトに入れることをちゃんと伝えれば認められる可能性があります。

連休直前などは特に忙しくなるかもしれませんが、そこは我慢してシフトに入ってあげるようにしましょう。

休み後のバイトにはお土産を買っていくようにしましょう

自分が休んでいる間、店は普通に開店しているはずです。もしかしたら普段より忙しかった可能性もあります。

長期連休を取らせてくれたお礼として、地元の菓子などのお土産をバイト先に買っていくとよいでしょう。

必ず買っておく必要はありませんが、今後もバイト生活を円滑に進めたいのであれば買っておくことをオススメします。

まとめ

飲食店やテーマパーク、ショッピングモールなどのアルバイトの場合、年末年始や長期連休は稼ぎ時のため休まず営業していることが多いです。

当然、そこで働くバイトもなかなか帰省するのが難しい場合が多いです。

一番はそのようなバイトをしないのが良いです。しかし急に今回の長期連休だけ帰省する必要が出てきたという場合には、事前に休む理由を上司にしっかり伝え相談しシフトの調整をすることで休めるようになるかもしれません。

また家族の病気や冠婚葬祭が理由とする場合には休みが取りやすくなります。

今後もバイト先で仲間や上司と円滑に進めたいのであれば、長期休みを取る際にも事前に相談しておくなど、ちょっとだけ気を使っておきましょう。
それだけで変な気を使うこともギスギスした関係になることもないです。

■節約おすすめ記事

関連記事

家にプリンターがないけど印刷したい!そんなときにはネットプリント機能がおすすめ!

帰省時にお土産を職場に買う人、買わない人あなたはどっち派?

初めての文化祭、初の模擬店でも簡単に運営できる方法とは!?

ビール券がいっぱい!酒屋では使えるけどコンビニでは使える?

父の日のプレゼントはワインに決まり!おすすめのワインはどれ?

意外!?サングラスが似合わない顔は存在しない!?