爆発しない方法も!ゆで卵が電子レンジで爆発する原因と対策は?

電子レンジってすごく便利ですが、卵を殻付きのまま、加熱してはいけないって知っていますか?

実は、ゆで卵を手早く作ろうと思って電子レンジで加熱すると、なんと卵が爆発してしまうんです!

とっても危ないですよね。

でも、実は卵を爆発させずに、安全な方法で電子レンジを使って、

ゆで卵が作れる裏ワザもあるんですよ!

今回はその裏ワザと、なぜ電子レンジで卵が爆発してしまうのかを紹介します。

 

 

電子レンジでゆで卵が爆発する原因は?

電子レンジはマイクロ波という電波を出して加熱する仕組みです。

食品はこのマイクロ波によって、内側から温められます。

電子レンジに生卵を入れて加熱すると、中の卵黄が加熱されて、沸騰してきます。

でも、卵は殻に覆われており、水蒸気の逃げ場がありません。

そのうち、内側が沸騰している圧力に殻が耐えられなくなり、爆発してしまうんです。

 

 

そして、電子レンジの中は卵が飛び散り、最悪の場合、故障することもあります。

また、電子レンジの中で卵が爆発しなくても、殻を剥いたり、口に入れた瞬間に破裂することもあるんですよ。

考えただけでも危険で恐ろしいですね…!

ちなみに、生卵だけではなく、一度茹でた卵を温めようとしても、同じことが起こりますので、絶対に卵はそのままの状態で、電子レンジにいれてはいけません。

もしゆで卵を再度温め直したいのでしたら、まず殻は必ず剥いてください。

 

そして、箸や爪楊枝で卵に穴を開けたり、半分にカットしてから加熱しましょう。

もう既にカットされている状態なら、温めても平気です。

カットしたり、穴を開けておくと、電子レンジに入れても爆発しませんよ。

ポイントとして、穴は必ず貫通させましょう。

 

 

ゆで卵を電子レンジで作る方法がある!

電子レンジで卵を温めると、爆発して危険なのですが、実はある方法をすると、安全にゆで卵が電子レンジで作られるんです。

もちろん、難しいことではなく、特別な器具も必要ありません。

電子レンジで卵が割れない方法とは?

卵をアルミホイルでぴったり包んで、耐熱のマグカップに入れて、水をたっぷり注ぎます。

なるべく、卵がひたひたになるまで水を入れておくと良いですよ

そして、マグカップの上に、ラップふんわりとかぶせて、電子レンジで加熱しましょう。

 

ラップは必ず少し隙間を開けてかぶせてくださいね。

Mサイズの卵1個なら、500Wの電子レンジで5分加熱するのが目安です。

 

更に5分ほどそのまま放置すれば、簡単にゆで卵の完成。

 

マグカップもアルミホイルも、物凄く熱くなっているので、火傷しないように気を付けてくださいね。

水を張ったボウルや洗い桶などの中で殻を剥くと良いですよ。

ただし、この方法でも温め過ぎると、爆発する可能性もあるので、十分注意してください。

1個だけゆで卵を作りたい場合は、この方法で簡単に出来ますよ。

念のため、なぜこの方法で卵が爆発しないのか、原理を説明しておきましょう。

 

なぜこの方法で卵が破裂しないのか

まず、アルミホイルはマイクロ波を通さない性質を持っています。

そのため、アルミホイルで卵を包むことにより、卵にはマイクロ波を当てずに、マグカップに注いだ水を温めているんです。

すると、マグカップの中の水が沸騰して、卵を茹でていきます。

 

つまり、マグカップの中で、ゆで卵を作っている、という原理なんですね。

 

ちなみに、アルミホイルを電子レンジに入れると、火花が散って爆発する可能性もあるので、必ずマグカップにラップをすることを忘れないようにしましょう。

ラップをしておけば、火花が散ることを抑えられます。

ただしそれでも、もしかすると火花が散って、爆発してしまうことも、ないとは言い切れませんので、試してみたい場合は、自己責任でお願いします。

 

まとめ

ゆで卵を電子レンジで作る時は、アルミホイルで包んで、水を入れたマグカップに入れ、ラップをかぶせれば、爆発する心配がありません。

 

ただし、温め過ぎると爆発する可能性もあるので、十分に注意して加熱してくださいね。

もしちょっとでも不安な場合は、無理せずお鍋でいつも通りに茹でた方が安心ですよ。

関連記事

夏といえば夏祭り!屋台で食べておきたい定番メニューは?

パート主婦!お金も貯まって家事節約!ぜい肉もすっきりダイエット術

お爺ちゃん、お婆ちゃんに感動を!敬老の日のメッセージ例文集

【悩み】新車で通勤!新入社員でも生意気と思われない?

お彼岸の御仏壇の供える物は?お膳はどんな料理がよいの?

これってホント!?都会暮らしはさみしいの!?