コインロッカーに忘れ物!こんな時にはどうしたらよい?

旅行中、駅や観光地などにあるコインロッカーに、荷物やお土産などを入れておくことってよくありますね。

でも、もしコインロッカーに荷物を取りに行くのを忘れたまま、

旅行から帰ってしまった時って、どうすれば良いんでしょうか?

もう一度取りに戻るべき?

それとも届けてもらえる?

 

今回は、コインロッカーに忘れ物をした時には、

まずどうするべきか、紹介します。

 

忘れ物をした場合にはまずロッカーに戻ってみましょう

出来ることなら、まずはコインロッカーに戻ってみた方が良いですね。

忘れ物をしてしまった日から3日以内なら、まだロッカーの中に荷物は残っているはずです。

 

駅にあるコインロッカーは基本的に、使用期限が3日までとなっています。

3日以上使用され続けているロッカーは、

管理会社によって開けられて、中の荷物も回収されます。

 

そのため、まだロッカーを使い始めて3日以内であれば、

荷物はそのまま残っていることが多いんです。

 

ただし、駅によっては、24時間経ったら、

管理会社にロッカーが開けられてしまう可能性もあるので注意しましょう。

といっても、長距離の旅行から帰ってきた時に、

現地のロッカーに忘れてきたことに気付いたら、

また戻ってすぐに取りに行くなんて出来ないですよね。

 

出来れば、忘れ物に気付いたら、早めにロッカーまで戻るのが良いのですが、

難しい場合は、荷物は回収されているはずなので、まだ取り戻すことは出来ますよ。

ただし、荷物を取り戻すまでには、

お金もかかるし手続きが面倒になる場合もあるため、予め覚悟しておきましょう。

 

 

忘れ物は管理者のもとに届いたかも?管理者の電話番号を調べてみよう

3日以上コインロッカーで保管されていた荷物は、ロッカーの管理会社によって回収されて、約1カ月間は保管されます。

そのため、もし預けたロッカーまで戻れず、

3日以上経ってしまったら、ロッカーの管理会社に連絡しましょう。

 

最近のSuicaタイプの支払いなどではロッカーに荷物を預けた時に出るレシートに、

管理会社の連絡先が記載されているので、そこへ電話しましょう。

万が一レシートを無くしてしまったら、ロッカーが駅にある場合には駅に問い合わせしてみれば、

管理会社の連絡先を教えてもらえる場合もあるので、諦めなくても大丈夫ですよ!

 

管理会社に連絡して、利用していたロッカーの番号と、預けておいた荷物を伝えましょう。

あとは、コインロッカーに荷物を預けていた日数と、管理会社に預けていた日数、

そして、鍵の交換料金を現金書留で送るなどして支払えば、着払いで荷物を送ってもらえます。

 

実は、管理会社が荷物を預かっていた期間も、料金に加算されてしまうんです。

また、忘れてしまった荷物は当然ながら着払いになってしまうため、

取り戻すのには、結構お金がかかるんですよね。

 

 

ただし、鍵がないタイプのコインロッカーに預けていたのでしたら、

鍵の交換料金は不要です。

ちなみに、1カ月以上も過ぎてしまうと、荷物は処分されてしまう場合もあるので、

早めに取りに行くか、届けてもらうようにしましょう。

 

 

また、管理会社によっては、預けていた荷物を受け取る際に、

身分証明書が必要になる場合もあります。

ロッカーに預けていた荷物を送ってもらうのって、

こんなに面倒だしお金もかかるんですね。

 

せっかく旅行で楽しい思い出を作っても、最後に忘れ物をしたんじゃあ、台無しになってしまいます。

コインロッカーに忘れ物をすると大変なので、

なるべく忘れないように、荷物をしっかり確認するようにしましょう。

 

まとめ

コインロッカーは、基本的に3日経ったら、管理会社に回収されてしまいます。

もし荷物を預けて3日以上経ったら、

レシートに記載されている管理会社に連絡しましょう。

 

遠方なら、荷物を着払いで届けてもらえますが、

その前に、保管料や鍵の交換代などを支払う必要があります。

 

また、身分証明書が必要になる場合もあるので、なかなか大変なんです。

ロッカーに荷物を預ける時は、忘れ物に注意しましょう。

■節約おすすめ記事

関連記事

感謝を言葉で!父の日に父が喜ぶ言葉とは?おすすめの言葉をご紹介します

忙しいあなた必見!洗濯物は週末まとめてが鉄則!?

隣人部屋からたばこのクサーイにおいが!隣人とトラブルにならない解決方法は?

俺はタクシーじゃない!無神経な友人を車に乗せたくない時のこんな言い訳こんな対策

ハレの日の入学式!保護者の服装はどんな格好がよい?NGな服装は?

手遅れになる前に!腹の脂肪、取れないなんて言わせない!