//アドセンス自動広告

冬には最適!職場にインスタントコーヒーをもって節約しよう!

節約

 

仕事中にコーヒーを飲みたいけれど、

毎回コンビニや自販機、コーヒーショップに行くと、

お金がかかってしまいますね。

 

 

ちょっとでも貯金したいけれど、コーヒーは飲みたいというのであれば、

自分でコーヒーを淹れて飲むと良いですよ。

 

 

今回は、職場でコーヒーを飲むとどれだけお得なのかを紹介します。

 

 

職場でコーヒーを作る際に必要なものとは?

 

仕事の合間にちょっと一息入れたい時や、眠気覚ましなどでコーヒーが欲しくなった時、

買いに行くのではなくて、自分で淹れるようにすれば、節約にもなりますよ!

 

職場でコーヒーを作る時は、何が必要なんでしょうか?

 

 

インスタントコーヒーとお湯、そしてカップさえあれば、簡単に作れます。

 

もしくは、ドリップパックのコーヒーでもOKですよ。

 

コーヒーを入れたらカップではなく、タンブラーに入れておけば保温できるので、

寒い時期には特におすすめ。

 

 

給湯室に社員が自由に飲んで良いインスタントコーヒーがあれば良いのですが、

もしないのでしたら、好きなインスタントコーヒーを持って行って、

給湯室でお湯を入れて飲むと良いでしょう。

 

 

ドリップコーヒーが飲みたい時は、ドリップパックを持って行くか、

フレンチプレスのコーヒーメーカーを用意しましょう。

 

 

フレンチプレスとは、抽出器具とポットが一体化したコーヒーメーカーで、

インスタントよりも美味しいコーヒーが飲みたい時は、

ぜひ使いたいアイテムなんです。

 


自分でコーヒーを入れれば、もう近場のコンビニや自販機、

コーヒーショップに行く必要もなくなりますね。

 

 

コーヒー代の節約のために、職場でコーヒーを淹れるようにしていきましょう。

 

 

 

職場にコーヒーを持って行って作るだけで1か月でこのくらい節約できる!

 

たった1杯のコーヒーだけでも、ほぼ毎日お店で買っていると、

月々でかなりの出費になってしまいます。

 

節約していくためには、自分でコーヒーを作って飲むのが一番良いんですよね。

 

確かに味はちょっと劣るかも知れないけれど、給湯室で淹れたり、

家で淹れたコーヒーをタンブラーに入れて持って行ったりすれば、

高いコーヒーを買わなくて済みます。

 

 

では、職場にコーヒーを持って行くと、どれだけの節約になるんでしょうか?

 

 

例えば、1日に2回コンビニでコーヒーを買うと、

だいたい200円かかってしまいますね。

 

仕事の日は毎日必ず2杯コーヒーを飲めば、

出勤日数が20日間だとして、月のコーヒー代は約4000円。

 

なかなかの出費ですね。

 

そこで、コンビニでコーヒーを買うのをやめて、

インスタントコーヒーを淹れて飲むようにしましょう。

 

 

インスタントコーヒーは1杯当たり10円前後、

2杯飲んでも約20円ですね。

 

 

そしてこれを20日間飲んだとしても、

1ヶ月分のコーヒー代は、たったの400円ほど。

 

これはかなり節約できますね!

 

ちなみに、インスタントコーヒーではなく、個別包装のドリップパックだと、

1杯の値段はだいたい20円なので、2杯飲んでも40円。

 

つまり、1ヶ月のコーヒー代は800円ほどということですね。

 

コーヒーを買わなくなるだけで、こんなにも節約できるんですよ!

 

確かに、毎日スタバで淹れたてのコーヒーを飲みたくなる時もあります。

 

でも、こんなにも節約できると思うと、

うかつに高いコーヒーは飲めなくなりますね。

 

 

これからどんどん貯金を貯めていきたい、

というのであれば、是非ともコーヒーを自分で淹れて、

少しでも節約していくようにしましょう!

 

 

まとめ

 

職場でコーヒーを安く飲みたいのでしたら、

インスタントコーヒーとお湯、カップやタンブラーさえあれば、

全然問題ありませんよ。

 

インスタントコーヒーや個別包装のドリップパックを持参すれば、

だいたい1杯10~20円前後で飲むことが出来ます。

 

とってもお財布に優しいので、コーヒーは買わずに、

自分で作って飲むようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました