//アドセンス自動広告

本当はどう使うのが正しい?!「ご査収ください」という言葉の本来の意味とは?メールでの使用はNG?!

仕事

 

ビジネスシーンでは、何か資料などの書類を送付した際に、

『ご査収(さしゅう)ください』という言葉を使うことがあります。

この『ご査収』とは本来どんな意味か、

知らない人って以外にも多いんですよね。

そこで今回は、社会人ならぜひ知っておきたい『ご査収』の意味と、

正しい使い方を解説します。

 

 

「ご査収」「お納め」「お受け取り」…似て非なるこの言葉の意味と使い方とは?

 

『査収』とは本来、よく調べたうえで受け取るという意味を持っています。

簡単にいってしまえば、

相手に送った書類などを『よく確認してから受け取ってくださいね』

ということなんですよ。

 

この他に、相手に何かを送付したり渡した際に、

『お納めください』や『お受け取りください』とも言ったりしますね。

 

この違いは知っていますか?

 

まず『お納めください』は、

送ったものなどを『受け取ってください』という意味になります。

 

受け取ってほしいということを尊敬語で表した言葉が、

この『お納めください』なんですね。

目上の人に何か書類などを渡す際に使うと良いでしょう。

 

続いて『お受け取り下さい』は、

『受け取ってください』を丁寧に言い換えた言葉です。

 

ただし、重要な種類を送る場合で、相手に内容をしっかり確認してほしい場合は、

『ご査収ください』を使った方が良いでしょう。

 

何か相手に贈り物をする場合などで、

特に内容を確認してもらう必要がないのならば、

『お納めください』か『お受け取りください』などでも良いでしょう。

 

状況や相手に応じて、使い分けるようにするのがポイントですよ。

ビジネスシーンでは、取引先などと書類のやり取りをすることが多いので、

『ご査収ください』を使うのが多いかもしれませんね。

 

 

メールでのやり取りが当たり前の時代だからこそ…意味を知ってから使おう!失敗しない言葉の選び方

 

メールで『ご査収ください』と使うのは、一体どんな時でしょうか?

正しい使い方を知っておけば、職場で恥ずかしい思いをしなくて済みますよ。

 

まず、『ご査収ください』は、ビジネスメールで使っても、

もちろん何の問題もありませんよ。

 

ただ、注意しなければいけないのは、何か先方が確認すべきものが添付されているか。

確認してほしい添付も何もなければ、先方は『ご査収ください』といわれても、

困ってしまいますよね。

 

もし既に送った資料などをもう一度確認してほしいなら、

『○○の資料をご確認ください』などとメールに書くようにしましょう。

『ご査収ください』とメールで使えるのは、

相手に査収してほしいものを添付している場合のみとなります。

 

では、書類などを添付した場合、ビジネスマナーとしては、

メールは具体的にどう書くべきなんでしょうか?

 

例文としては、

[su_note note_color=”#fcf88d” radius=”10″]『添付ファイルにて納品書を送付いたしますので、
ご査収の程お願いいたします』と書きましょう。[/su_note]

 

もしくは

[su_note note_color=”#fcf88d” radius=”10″]『資料を送付いたしましたので、
ご査収くださいますようお願いいたします』など。 [/su_note]

 

このようにメールを書けば、相手に対して失礼にはなりませんよ!

ちなみに、もしこちらが『ご査収ください』というメールを受信したら、

受け取った資料などをしっかり確認しましょう。

 

そして、問題がなかったら、

『資料を確認いたしました。問題はございませんので、

受領させていただきます。ご送付ありがとうございました』

と返信するといいですよ。

 

 

まとめ

『ご査収ください』とは、

よく確認してから受け取ってくださいという意味です。

 

資料などを送った際に、内容に誤りがないか相手に確認してほしい場合に、

この言葉が使われます。

メールでも『ご査収ください』と使っても全く問題ありませんが、

必ず確認してほしいものを添付した場合のみ、使うようにしましょう。

 

添付ファイルもないのに、

『ご査収ください』と書いてしまうのは間違いですよ。

また、もし『ご査収ください』というメールを受信したら、

添付されているものを確認したうえで、問題がないため受領します、

という旨を書いて返信しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました