手軽に野菜補給!スムージーで簡単に野菜不足を解消しよう!

毎日の食事で、なかなか栄養をバランス良く摂るのは難しいですね。

特に不足しがちなのが、野菜の栄養。

でも健康のためにも、野菜不足は解消していきたいものです。

そこでおすすめしたいのが、野菜でスムージーを作って飲む方法。

今回は、野菜の栄養がたっぷり摂れる、スムージーの作り方を紹介します。

スムージーを飲めば、健康だけでなく、美容にも効果が期待できますよ!

そもそもスムージーとはどんなの?なぜ野菜不足を解消できるの?

スムージーとは、野菜やフルーツに水を加えて、ミキサーやブレンダーにかけた飲み物です。

本来は材料を凍らせて作るのですが、最近ではお腹を冷やさないように、常温の野菜やフルーツを使う場合も増えてきています。

野菜は主にほうれん草や小松菜、レタス、クレソン、ケール、水菜などの葉野菜を使い、風味が飲みやすくなるように、フルーツを入れて作ります。

更に口当たりを良くしたい時は、牛乳や豆乳を加えてみるといいでしょう。

スムージー最大の特徴は、生の野菜を使うことで、ビタミンや食物繊維、ミネラルなど、多くの栄養素を体に吸収させることです。

そのため、美容や健康にも良く、野菜不足の解消に効果的なんですよ。

 

ただし、同じ野菜を原料としていても野菜ジュースでは同様の効果が得られない、ということを知っていますか?

実は、市販されている野菜ジュースって、作る過程で加熱処理をしたり、食物繊維を取り除いているんです。

そのため、壊れたり減ってしまった栄養素も多く、野菜ジュースだけでは、十分な栄養が摂ることが出来ません。

しかも、大半の野菜ジュースには、食塩や砂糖、添加物が含まれているため、実は意外とダイエットには不向き。

でもスムージーなら、野菜とフルーツ、水だけを主に使うので、余分な物が入っておらず、とっても健康的なんです。

ちなみに、毎朝、食事の代わりとしてスムージーを単体で飲むと、体が野菜の栄養をより吸収しやすくなりますよ。

ダイエットにも効果的なので、野菜不足を解消したいなら、毎朝の食事をスムージーに置き換えてみてください。

野菜不足を解消するためのスムージーの効果的な作り方!

では、より野菜の栄養を吸収しやすくなる、スムージーの作り方を紹介します。

まずは、スムージー初心者におすすめの作り方から。

 

材料:バナナ1本、イチゴ10粒、キウイ2個、小松菜1袋、水200cc

 

スムージーの作り方はこんな感じ!

バナナとキウイは皮を剥き、小さめにカット。イチゴはヘタの部分を取っておきましょう。小松菜はよく洗って、3㎝くらいにカットしておいてください。

材料を全てミキサーやブレンダーにかけて、なめらかな液状になったら完成。

出来たてを飲んでくださいね。フルーツが多めなので、とっても飲みやすいですよ!

野菜嫌いな子供にもおすすめ!

 

続いては、より本格的に、野菜の栄養を摂取したい人向けの作り方。

材料:小松菜1株、ほうれん草1株、セロリ20g、みかん1個、水200cc

レシピはこちら!

小松菜、ほうれん草、セロリは、洗って3cmにカット。

みかんは皮を剥いて、小さめにカットしましょう。そして、材料全てをミキサーなどで、なめらかになるまで混ぜれば完成。

野菜がたっぷり摂れるけれど、みかんを加えることで、

飲みやすくなりますよ!

 

種と芯を取り除いた、皮付きのリンゴを入れるのもおすすめ。

もし朝に、野菜やフルーツを準備するのが面倒でしたら、前の晩に予め、皮を剥いたりカットしておくと良いですよ!

もちろん冷凍してある野菜やフルーツでも作れます。

 

まとめ

野菜不足を解消するには、加熱処理をした野菜ジュースよりも、新鮮な生の葉野菜を使ったスムージーがおすすめ。

素材本来のうま味があって、しかも栄養もたっぷり摂ることが出来ます。

飲みやすくするには、フルーツを加えれば、口当たりも良くなりますよ。

ぜひ野菜が苦手な人も、忙しくて食生活が乱れている人も、スムージーを飲んで、野菜不足を解消しましょう!

関連記事

子どもを守ろう!熱中症にならない為の予防と対策とは・・・

お彼岸の御仏壇の供える物は?お膳はどんな料理がよいの?

爆発しない方法も!ゆで卵が電子レンジで爆発する原因と対策は?

【徹底解説】日傘のUVカット効果は色や素材で変わる?持続期間は?

お母さん必見!そうめんに子供が飽きない薬味のおすすめは?

共働き家庭では意外と貯金できない!?そんなあなたのための効果的に貯金できる方法