TOHOシネマズで少しでも安く映画を見る方法まとめ

休日に前から楽しみにしていた映画をTOHOシネマズで見ようと思っているあなた!
通常料金で見ようと思っていませんか?

実は、ちょっとした工夫をすることで通常料金よりも結構安くTOHOシネマズで映画を見ることができるんです!

また映画館の中でもTOHOシネマズはいろんな方法で通用料金より安い料金で視聴することができるんです!

普段からTOHOシネマズで映画を視聴している人はもちろん、普段TOHOシネマズで映画を視聴しない人にも役立ちできるポイントをご紹介していきます!

TOHOシネマズの通常料金はいくら?

まずはTOHOシネマズのそれぞれの料金を記載します。ここからそれぞれの料金がいくら安くなるかの基準になります。

  • 大人:1800円
  • 大学生:1500円
  • 高校生:1000円
  • 中学生:1000円
  • 小学生:1000円
  • 幼児(3歳以上):1000円

 

昔に比べれば映画料金も結構高くなりました。そして残念ながら2019年6月1日より料金が一部値上げされることになりました。

通常料金だと大人料金が1800円⇒1900円になります。

毎月何回も利用する方からすれば100円の値上げでも結構痛手ですよね。少しでも安く利用するためにも通常料金での利用は控えましょう。

普段からTOHOシネマズを使う方はシネマイレージカードが必須!

TOHOシネマズではシネマイレージカードというポイントカードがあります。
このポイントカード実はかなりお得です!

どの料金だろうと映画を見る際にシネマイレージカードを提示するとポイントが1ポイント貯まります。

このポイント、6ポイント貯まるごとに1回分の映画が無料になります。

またポイントの他にマイレージ機能がついており、視聴した映画の時間数(分)で貯まるようになっています。

また、貯まったマイルはポップコーンやドリンクはもちろん、映画グッズ、試写会申し込みなどが可能です。

またポイントは高いですが、1か月間映画が見放題になる特典もあったりするので映画好きはもちろんTOHOに普段から利用する方は入会費500円、継続年会費として300円かかりますが十分元が取れるサービスです。

年会費500円かかったとしても、年2回以上利用する方であれば年会費代金以上にお得になります。

また毎週火曜日はシネマイレージ会員限定でシネマイレージディという割引があり1400円で利用できます。平日なので利用できる人が限定的ですが、夏休みなども関係なく同じ値段で利用できるため十分お得な値段です!

レイトショーで視聴すれば1300円!

20時以降に上映が始まる作品は「レイトショー」と呼ばれ、料金が1300円になります。通常料金が1800円と考えると500円も値引きがされます。

毎日20時以降で利用できるため手軽に値引きができます。レイトショーであればお客さんも少なく、席も隣に人を座らせることなく利用することもできるでしょう。1人で映画を見る際にもオススメの時間帯です。

>>映画館での映画鑑賞を1人で気兼ねなく楽しむための座席の取り方講座

ファーストデイとTOHOシネマズデイは毎月1100円!

TOHOシネマズでは毎月1日、14日は「ファーストデイ」、「TOHOシネマズデイ」と呼ばれ料金がどの時間でも1100円で利用できます。

通常料金の1800円からは700円も値引きされた状態で利用できるためかなりお得です。しかし長期連休中や金土日とこの日程が被るとめっちゃくちゃお客さんが増えます。

そのため劇場自体もかなり混み合いますし、自分自身が好きな座席を窓口で予約するのは結構大変なので事前にネット予約をしておくことをオススメします。

しかし残念ながら2019年6月1日からは値段が1100円⇒1200円に変更になります。それでも結構安いため利用したほうが絶対に良いです。

女性はレディースデイを使って男性よりもお得に利用しよう!

女性限定で毎週水曜日は1100円で利用することができます。とはいっても水曜日なので主婦か仕事帰りの遅い時間などしか女性でも利用するのは難しいところです。

とは言っても1800円⇒1100円になるわけなので十分お得だったりします。

しかし残念ながらレディースデイも6月より1100円⇒1200円に値上げされます。

50歳以上の夫婦割を使えば2人で2200円!

夫婦のどちらかが50歳以上になっていれば使えるのが夫婦割です。いつでも夫婦で利用すれば2人で2200円で利用することが可能です!

映画を見るのが好きなご夫妻などであれば十分にお得に利用することができます。
※利用時は身分証が必要になります

また60歳以上であればシニア割というものもあり、1人でも1100円で利用が可能です。

夫婦割とシニア割も6月より値上げになります。1人あたり100円値上げです。

ムビチケなどの前売り券を事前に購入しておこう!

ここまでが曜日や日付限定での割引です。結構な時間帯、曜日で割引になるものがありますが、ご自身の都合で利用できない方も多いでしょう。

そんな方には事前に前売り券を購入しておくことをオススメしています。

前売り券であれば1500円程度で購入できるため、値引きした状態で利用することができます。
また最近の前売り券はちょっとした特典がついていたり、ムビチケと言ってインターネット上でチケット予約できるシステムがあったりと付加要素があり十分にお得に利用できたりします。

金券ショップを使って少しでも安くチケットを購入しよう!

金券ショップではいろいろな前売り券が定価よりも安く売っていたりするため実は穴場だったりします。50~100円くらい定価より安く購入することができます。

見たい作品と金券ショップで売っている前売り券が合っていればぜひ利用してみましょう。

また金券ショップによってはTOHOシネマズの映画観賞券や全国の映画館で使える鑑賞券などのチケットも前売り券同様に購入できる可能性があるため、まずはTOHOシネマズ近所の金券ショップをみてはどうでしょうか?

auスマートパス会員は月曜日が1100円で視聴できる!

au携帯電話スマートフォン利用者限定で「auスマートパス」という月額サービスがあります。このサービスを利用すれば月曜日料金が1100円で映画を視聴することができます。

またこのサービス本人だけでなく同伴者1人まで同じ値段で利用でき、今回の値上げ対象からも外れています。(2019年4月現在)

そのため一番安く利用できるのはこのauスマートパス利用者限定特典です。とはいっても月額400円程度かかるため、このためだけにわざわざ利用する必要はあまりないかと思います。

ちょうどそのサービスを利用している方だけそのままお得に利用してもらえればと思います。

福利厚生サービスWELBOXを使ってお得な鑑賞券を購入しよう!

会社によっては福利厚生サービスの一環として、WELBOXのような外部福利厚生サービスに登録して社員が恩恵を受けられるようにしているところもあります。

このWELBOXに登録している会社の従業員の場合、いつでも1800円⇒1300円になるチケットを購入することができます。

年間で50回までしかクーポンは発券できないという制限がありますが、よほどのことがない限りそんなことはないかと思いますのでWELBOXに自分の会社が入っている!という方はぜひ利用していただきたいです。

チケットの購入はクレジットカードで行ったほうがお得!

前売り券や金券ショップ以外で実際に劇場でチケットを購入する際には、現金よりもクレジットカードを使ったほうがお得です!

その理由はクレジットカード払いをすることでクレジットのポイントが貯まるから。

楽天カードなどのポイントが貯まりやすく、ポイント自体も色々な店舗で使えるため使いやすくオススメです。

TOHOシネマズを通常料金で利用するのはもったいない!

最初でも案内したようにTOHOシネマズは割引ができる方法がいたるところにあります。割引方法とシネマイレージカードを組み合わせて利用すればかなり通常料金よりもお得に映画を視聴することができるようになります。

TOHOシネマズは結構全国にある大手映画会社のため、いろいろな方が利用するかと思います。ここで覚えた内容を実際に活用してみてください!

映画って高いというイメージが少しは変わるかもしれません。

■節約おすすめ記事

関連記事

近畿日本鉄道(近鉄)に格安で乗る方法をご紹介します

一人暮らしで、お金がたまらない!そんな生活から脱出する方法とは!?

ちょっとした時間で誰でも簡単にできる小遣いサイトをご紹介

ぷらっとこだまを利用して東海道新幹線を安く乗る方法

西武鉄道に格安で乗る方法をご紹介

みんなどうしてる?共働き夫婦の家計の管理方法は?